無料
エロ
動画
|      | 次のページ →

 浮気した主人への仕返し

私が出会い系を使うようになったのは、

浮気した主人への仕返しっていうのがきっかけ。



仕事で疲れてるからとかいって、

私とはすっかりごぶさただったくせに、

自分だけちゃっかり浮気してるのを知って、

悔しくなっちゃったわけ。



ま、

家族になっちゃうと、

セックスしたいって思えなくなるのもわからなくはないけど・・・そんなのお互い様だし、

主人ばっかりずるいって思っちゃったのよね。



私だってまだまだ若いんだし、

性欲だってあって当たり前でしょ。



若い男の子とラブホテルで向き合ったときには、

しばらく忘れていた女としてのときめきを感じて、

わくわくしちゃった。



はじめて浮気した男の子はタクヤくんっていう子だったんだけど、

童貞かと思っちゃうくらい女慣れしてなくて、

その初々しい感じがたまらなくぞくぞくしたの。



まだシャワーも浴びてないのに、

強引にベットに押し倒されて、

のしかかられるなんて、

主人とじゃありえないもの。



唇がくっつきそうな至近距離から、

こわいくらい真剣な顔で、



「キスしていいですか?」

ってきいてくるタクヤくんがかわいくて、

私から思いっきりディープキスしちゃった。



にゅるっにゅるっていう感じで舌を絡めていると、

タクヤくんの息が荒くなってきて、

服の上からもどかしそうに私のおっぱいをまさぐるの。



シャツのボタンをちぎられるとマズいから、

私は自分で服を脱いでいった。



タクヤくんはさらに興奮しちゃったみたいで、

ストッキングに包まれた太ももをたどって、

スカートの中に手をつっこもうとしたけど、

強引にされるとスカートがしわになっちゃうから、

私はタクヤくんの手をそっと押さえた。



「ちゃんと脱ぐから、

あなたも脱いで裸になって。」



私はベットからすべりおりると、

一枚ずつていねいに服を脱いで、

いすにかけていった。



私のストリップを食い入るようにみながら、

乱暴に自分の服を脱ぎ捨てていたタクヤくんは、

私がブラジャーをはずして、

おっぱいをむきだしにすると、

パンツを一枚残したかっこうで抱きついてきた。



白いパンティに黒いストッキングだけしか身に着けていないかっこうが刺激的すぎたみたい。



私のおっぱいを両手でもみながら、

おしりにすりつけてくるタクヤくんの股間はあきらかに勃起していて、

私は自分がまだまだ女性としての魅力を保っていると確認して、

自尊心を満足させた。



興奮したタクヤくんが後ろから押し倒したので、

私はバランスをくずし、

ベットに両手をついて、

おしりを突き出したようなかっこうになってしまった。



「ちょ・・・危ないわよ・・・。」



後ろを向いて注意しようと思ったら、

凶暴な獣と化したタクヤくんの両手がウエストにあったストッキングのゴムの部分をつかみ、

がばーっと足首のところまで下げた。



ストッキングを足元に落としたまま、

完全に脱いでいない状態で、

私は後ろからパンティごしにおまんこを指でなぞられて、

思わずのけぞってしまった。



「んっ・・・こんなかっこうイヤ・・・。」



足首にあるストッキングが足をゆるく拘束していて、

身動きがとりにくい感じがたまらなく興奮する。



実は私って、

意外とMだったのかも。



タクヤくんはしゃがみこんで、

私の脚の間に顔をつっこんだ。



パンティの上から鼻でこするように、

おまんこのワレメをぐりぐりされると、

思わずあえぎ声がもれてしまう。



「あっ・・・やだ・・・そんな・・・。」



タクヤくんはまるで犬のように鼻をふんふんと鳴らしながら、

おまんこのワレメでできたパンティの溝を何度も指で往復した。



パンティと脚の境界線を舌でぺろぺろ舐められて、

じれったさと恥ずかしさで体が熱くなる。



きっともうおまんこから愛液がたくさん出てるのが、

パンティの湿り気でも匂いでも、

タクヤくんにバレちゃってる。



内もものパンティラインのあたりを熱心に舐めていたタクヤくんが、

パンティに両手をかけたので、

やっと脱がせてもらえるんだとほっとしてしまった。



ずるずるとゆっくりパンティを下げられて、

ストッキングと同じように足首で放置される。



タクヤくんはぬれぬれになったおまんこを指で左右に開いて、

じっとみていたかと思うと、

ふうっと息を吹きかけた。



「ひゃっ・・・やめて・・・。」



ぞくぞくっとした快感が背筋をぞわっとさせた。



ちゅくっといういやらしい音をさせながら、

タクヤくんの舌が私のおまんこを舐めはじめた。



こんなにていねいなクンニをされたのはいつ以来だろう。



しかも、

洗っていないおしっこ臭いおまんこをひだひだを舌でかき分けるように熱心に舐められるなんて・・・。



私はタクヤくんの舌が敏感な部分をえぐるたびに、

悲鳴のような悦びの声をあげつづけた。



「あんっ・・・ああんっ・・・そこ・・・気持ちいい・・・。」



あんなにウブそうにみえたタクヤくんは、

私の気持ちいいところを的確に舌で刺激してくる。



そして、

舌が与えてくれる快楽が物足りなくなってきた頃、

いきなりずぶっと指が挿入された。



私のおまんこの中に入った中指はじゅくっじゅくっと愛液をかき出すような動きを繰り返している。



中指の先がおまんこの奥のいいところに当たるたびに、

ちょっとずつ絶頂に追いやられていくのに、

さらに、

反対の手でクリトリスをこすられて、

もう少しでイきそうっていうところで止められた。



「やだぁ・・・もうちょっとだったのに・・・。」



おまんこの奥のいいところだけをすばやい指先の動きで刺激され、

クリトリスをやわやわとなでられて、

すぐにまたイきそうになる。



ああ、

もうイくっていうところで、

また手が止まってしまった。



「お願い・・・もうイかせて・・・。」



うずいた体をどうにかしたくて、

私は今日会ったばかりの自分よりかなり年下の男の子に、

なりふりかまわずおねだりしてしまった。



タクヤくんはじれったくなるほどゆっくりとした動きで、

先走りのシミのできたパンツを脱いで、

反り返ったちんぽにコンドームをつけ、

待ちきれなくてひくひくしている私のおまんこに一気に奥まで突き刺した。



「あふぅんっ!」

満足のあまり、

今まで出したこともなかったようなはしたない声が出てしまう。



おまんこの中に挿入してからも、

私がイきそうになるとちんぽの動きを止められ、

気がついたときには、



「もっとぉ・・・もっと、

おちんぽ奥までちょうだい・・・。」



なんていいながら、

自分で腰をふっていた。



我慢させられた分、

イけたときには真っ白になるくらい強烈な快感で、

私はセックスの気持ちよさを夫以外の若い男の子に教わってしまったのだった。




おわり



このサイトすごいですね!
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
ネット上の出会いって難しいですね!! 昨日は、Yahooパートナーで...

ネット上の出会いって難しいですね!! 昨日は、Yahooパートナーで知り合った人と初めて会いました。 食事をしつつ話も弾んで、良い印象でした。 それなのに寝る前のメール読んで凹みました。 今度ショッピングモールに遊びに行こう!! ここまでは、普通でした。 文末は、眼鏡を取って髪を下ろした姿が色っぽかった(ハート)とありました。 思い返すと… スポーツ万能らしく女性からモテたらしいが。 エッチな事には興味があっても、恋愛は面倒くさい。と言っていました。 しかも、のっけから名前で呼んできました。 少し馴れ馴れしい(((^^;) ネットでの出会いには付き物と思いますが。 初対面なのに、体目当てを連想させる内容だけはいただけず。 この一言で、付き合う対象から外れました。 気が合うし、なかなか面白い人でかなりショックでした。 せめて、思っていても言わないで欲しかった。 やはり、ネット上の出会いって難しいですね(>_<)(続きを読む)


彼のホンネ

彼のホンネ ネットのお見合いサイトで知り合った男性と昨日、食事をしました。 ネットでメールを4~5回交わしてから昨日初めて大阪でお会いしたのですが、二人で食事をしお酒も入って気..(続きを読む)





  1. 2010/09/04(土) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:4 |
  4. コメント:48

 飲み会のバツゲーム

私が出会い系をはじめて利用したきっかけは、

飲み会のバツゲームだった。



採点つきカラオケで最低点を取ってしまった私の目の前で、

ノートパソコンを開いた幹事は、

私の名前を使って書き込みをはじめた。



「26歳都内企業勤務のOLアイです。彼氏と別れてからさみしい夜を過ごしています。見た目はキツい感じのキレイ系っていわれますが、

性格は従順だと思います。できれば、

今夜、

すぐに会える人がいいです。」



「何これ・・・?」

金曜の夜のせいか、

すぐに何通かのメッセージが届き始めた。



「うーん。オヤジばっかりだね。アイちゃん、

やっぱりデートするなら若い方がいいだろ?」

「知らない!何やってんの?」

「アイちゃんのバツゲームは、

出会い系で募集した男とデートすることだから、

男捜してるんだよ。最後まではしなくていいから、

2時間くらいデートしてね。」



「イヤよ!何でそんなこと・・・。」



「バツゲームなんだから、

やらなくちゃダメだよ。おっ。これいいんじゃない。28歳会社員、

マッチョ系でアウトドア好き。コレに決定!」

幹事は勝手に待ち合わせ場所を指定して、

30分後には会うことになってしまった。



「俺達は遠くから見てるから、

2時間くらいはデートしなくちゃダメだよ。そのあとは帰ってもいいから。」



にやにやした友人達が離れたところから見守る中、

私はがっちりとした色黒の若い男性が自分に近づいてくるのに気がついた。



「アイさんですか?」

「そ、

そうですけど・・・。」



「タクヤです。はじめまして。」



にこっと笑った顔はわりとかっこよくて、

私はちょっといいなと思ってしまった。



「もう食事はされました?じゃあ、

飲みに行きませんか?」

私はタクヤに連れて行かれて、

近くのバーに入った。



友人達もこっそりついてきて、

ちょっと離れた席に座る。



ビールとカクテルで乾杯すると、

タクヤは人懐っこい笑顔で、



「いやあ、

アイさんホントにキレイですね。彼氏がいないなんてウソでしょ?」

友人達が気になりながらも、

私達の会話は弾んで、

私はかなりタクヤを気に入ってしまった。



「ああ、

もう2時間もしゃべってますね。そろそろ出ましょうか?今日はもう帰らないとマズいですか?」

正直にいうと、

帰りたくなかった。



でも、

友人達の前で、

出会い系で知り合った男にお持ち帰りされるわけにはいかない。



私が残念そうに謝ると、

タクヤは携帯番号とメールアドレスの入った名刺を渡してくれた。



タクヤも私の連絡先をききたがったが、

友人達の前では恥ずかしかったので、

必ずメールするからといって断った。



タクヤに駅まで送ってもらい、

電車に乗ると、

タクヤにメールを送ってみた。



すぐに返信が返ってくる。



あっという間に、

明日の夜またデートすることに決まり、

どきどきする。



次の日の夜に改めてタクヤをみると、

がっちりとした胸板とか腕の筋肉とかかなりそそられて、

食事どころではなかった。



「あの・・・よかったら、

俺のうちに来ませんか?」

お店を出たところで照れくさそうに誘われて、

思わずオッケーしてしまったのは、

昨日から体がうずいていたからだ。



タクヤが一人暮らししている部屋は、

こざっぱりとしていて、

鉄アレイとかチューブが置いてあるほかは、

いたって普通だ。



「ビールでいいですか?」

二人っきりでビールを飲んでいると、

甘い期待でどきどきしてくる。



でも、

タクヤはじっと私をみつめてはいるものの、

いっこうに手を出してこない。



私はお酒も回ってきて、

じれったくなってきた。



「ねえ・・・筋肉みせてほしいな。」



甘えるようにいうと、

一瞬驚いたタクヤは、

がばっと上に着ていたものを脱いだ。



おなかがきれいに割れていて、

胸の筋肉も盛り上がっている。



「これでいいですか?」

照れくさそうに、

筋肉に力を入れてみせるタクヤの胸の筋肉を指でつつっとなぞって、

硬さを確認していると、

タクヤの息が荒くなってきた。



「硬くてきれいね・・・。」



ウエストのあたりを両手でなでていたら、

タクヤにがばっと抱きつかれた。



体がぎゅっと密着すると、

私のおなかに勃起したタクヤのちんぽがあたっているのがわかる。



「アイさん・・・。」



こんなに切なそうな切羽詰った欲情にまみれた表情でみつめられるのも、

久しぶりだ。



私は黙って目を閉じた。



てっきりキスされるものだと思っていたのに、

私はいきなり軽々とお姫様だっこされて、

男くさいベットに横たえられた。



すぐにタクヤが覆いかぶさってきて、

熱いキスをされる。



にちゅ・・・くちゅ・・・。



舌を絡められているうちに、

服を脱がされていって、

おっぱいをまさぐられる。



大きなごつごつした手で包み込まれると、

なんだか安心する。



首筋、

鎖骨、

おっぱい、

乳首、

おへそ、

パンティの上と、

唇と舌と手でやさしく愛撫されて、

私はすっかりいい気持ちになってしまった。



ずる・・・とパンティを脱がされて、

ぬれているおまんこを犬のようにぺろぺろと懸命に舐められる。



私の足を押し広げて、

おまんこをすみずみまでていねいに舐めているタクヤは真剣そのもので、

夢中っていう感じだった。



「んん・・・やぁ・・・。」



動物のように舐めていたタクヤの舌は、

次第にクリトリスや膣口、

アナルなど、

感じやすいところを集中して舐めはじめた。



舌を細くとがらせたり、

力強く舐めたりされているうちに、

私のおまんこ周辺はよだれと愛液でびちゃびちゃになった。



タクヤはごつい指を自分のよだれでぬらすと、

私の膣の中に入れてきた。



「アイさんのおまんこ、

狭いな・・・。」



太い指で何度も膣壁をこすられて、

私は軽くイってしまった。



コンドームのついたタクヤのちんぽをおまんこに挿入されながら、

私は出会い系と幹事に感謝していた。




おわり



一回だけのつもりだったけど
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
  1. 2010/08/09(月) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:3

 処女を捨てたかったから

私が出会い系を使ったのは、

処女を捨てたかったから。



20代も後半になるのに、

いまだに性的な経験がないというのが、

段々コンプレックスになっていて、

このまま一生処女だったら・・・と思うとすごく暗い気持ちになった。



自分で言うのもなんだけど、

私はそんなに女性としての魅力がないとは思わない。



学生時代には彼氏がいたこともある。



清い交際で終わってしまった彼とは、

はじめてのキスで舌を入れられてびっくりして、

それ以上進めなかった。



あの時勇気を出していればと後悔もしたけど、

いやだったんだから仕方がない。



社会人になってからは、

ずっと仕事に明け暮れていた。



周りはおじさんばっかりだし、

不倫なんて絶対にいやだったし。



気にはしてたけど、

気がついたら20代も残りわずかになっていて、

焦りを感じた。



でも、

身近な人にこの年齢で処女だって思われるのは恥ずかしいし、

ふさわしいと思える初体験の相手も見つからなかった。



思い切って出会い系に書き込んだあとは、

メッセージの返信に忙しかった。



それでも、

だんだん、

この人は好きかも、

この人はいまいちっていう風に、

相手がしぼりこまれていって、

何人かの候補が残った。



写メしてもらっても、

三人以下に絞り込めない。



仕方がないので実際に会ってみることにした。



一人目は話し方がいやだった。



二人目は写メとかなり違っていて、

やたらべたべたさわってくるのがいやだった。



三人目は一番期待してなかったタクヤっていう人で、

若すぎるからダメかなって思ってた。



会ってみると、

年齢よりも大人っぽくて、

普通に話してくれたし、

やたらといやらしい目で私をみることもなかった。



私はこの人となら初体験してみたいって思った。



食事を終えて店から出ると、

さりげなく、

手をにぎられた。



しっとりとしてあたたかい大きな手が心地いい。



「このあと、

どうしたいですか?ラブホテル?バー?それとも、

ご自宅?」

「ラブホテルで・・・。」



私の胸は期待でどきどきと高鳴った。



ここ数年でこんなに緊張したことはない。



ラブホテルにつくと、

タクヤはバスタブにお湯をためて、

入浴剤を入れてくれた。



「ちょっと温まって、

リラックスするといいですよ。」



私は服を脱いで、

シャワーで体を流し、

バスタブにつかった。



手足を伸ばして、

なるべく緊張をほぐそうとしていると、

全裸のタクヤが入ってきた。



「いっしょに入ってもいい?」

後ろ向きでシャワーを浴びているタクヤの体は均整がとれていて、

おしりもきゅっとひきしまっている。



「はい、

つめてつめて。」



タクヤが私の後ろにすっぽりとおさまった。



広いラブホテルのバスタブはゆったりとしているけど、

こんなに密着して抱きしめられると、

どきどきして息苦しい。



「アイさん、

おっぱい、

大きいね。着やせするタイプだね。」



後ろから大きな手でおっぱいをわしづかみにされると、

視覚的にもかなり興奮してしまう。



「おっぱい、

こうやってもまれるのもはじめて?」

耳元でぼそぼそとささやかれると、

ぞくぞくしてしまう。



「うん・・・。」



「じゃあ、

ここも?」

タクヤの片手がするりとおまんこのワレメをなぞった。



「あっ・・・。はじめて・・・。」



タクヤの足で足を大きく広げられて、

お湯の中のおまんこを指でいじられる。



「アイさんのはじめてになれるなんて、

嬉しいよ。」



タクヤはお湯からぽっかりと出ている乳首をちゅうちゅう吸いながら、

後ろから両手でクリトリスとおまんこのワレメをやさしくなでている。



「ん・・・んぅ・・・のぼせちゃう・・・。」



興奮と気持ちよさでくらくらしてしまう。



後ろから強引にキスされて、

舌が入ってきた。



昔はいやだったはずのディープキスなのに、

むしろ、

とろけそうに気持ちがいい。



キスって人によって、

こんなに違うんだ・・・。



私は夢心地でベットに横たえられた。



体に力が入らなくて、

タクヤにおまんこを指で広げられても、

舌で舐められても、

あえぎ声しかでてこない。



「あんっ・・・あふ・・・ああ・・・。」



自分がこんな声を出すとは思ってもいなかった。



膣口から指を入れられると、

さすがにちょっと痛かったけど、

たっぷりとローションをまぶされた指はすぐに狭い穴になじんでいった。



指先だけを動かされると、

おまんこの奥の方がすごく気持ちいい。



「はんっ・・・もう・・・なんか・・・。」



だんだん気持ちよさが高まって、

突き抜けたような感じがした。



「イったみたいだね。今、

すごくおまんこがしまったよ。」



タクヤは嬉しそうに、

私の顔をみながら、

指をそっと出し入れしたり、

円を描くように回したりした。



じっくりとタクヤの指が私のおまんこを拡げていく間に、

私は何度も気持ちよくなってしまい、

今までセックスしなかったのがもったいなかったような気がしてきた。



「うーん。だいぶ、

ほぐれたかな。」



くちっくちっと、

タクヤがおまんこに咥えこまれた三本の指をゆっくりと動かす。



三本も入ってるのに、

愛液とローションでスムーズに出し入れされていて、

まだ少しの余裕がある。



「そろそろちんぽ入れようか。いよいよ処女喪失だね。」



タクヤのちんぽはグロテスクに筋が浮かんでいて、

ちょっとこわかった。



「ほらもう、

アイさんのおまんこに入るの待ちきれないって。よかったら、

キスしてあげて。」



口元にてらてらと光る赤黒いちんぽを突き出されて、

私はおそるおそるキスした。



ちゅっと唇をつけると、

ぴくんと動く。



亀頭のあたりをキスしていると、

意外とつるつるしていて、

ちょっとだけ舐めると、

青臭くて渋い味がした。



「ありがとう。気持ちよかったよ。もう入れるね。」



今からあのちんぽがおまんこに入ると思うと、

不思議な感じがする。



コンドームで覆われていくちんぽはもう準備万端のようだ。



膣口を押し広げて、

じわじわとちんぽが私の中へと入ってくる。



思っていたよりすんなり入っていたのに、

途中で何かひっかかった。



ぐぐぐっと押し破られてさらに、

ちんぽが奥へと進んでくる。



なんだか切なくなるような痛さで、

私は涙が出た。



「全部入ったよ・・・。」



慎重にちんぽを根元まで挿入し終わったタクヤは、

はあっとため息をついた。



「痛いよね。ごめんね。」



つながったまま、

頭をなでられるとなんだか子供になったような気分になる。



しばらくはちょっと動いただけでも痛みが走った。



でも、

ちんぽで奥のほうをこすられると、

なんだかちょっと気持ちよくて、

もう少し、

もう少しって思っているうちに、

タクヤがイってしまった。



二回目では、

一回目よりずっと気持ちよくなれて、

セックスって本当に気持ちがいいんだなあとタクヤの腕の中でまどろみながら、

実感したのだった。




おわり



一回だけのつもりだったけど
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
  1. 2010/07/26(月) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:1

 イくっていうのがどんな感じが知りたかったから

私が出会い系を使ったのは、

イくっていうのがどんな感じが知りたかったから、

かな。



彼氏とも普通にエッチしてたし、

他にも何人かの男性とエッチしたけど、

イけたことはなかった。



彼氏に「イった?」ってきかれたら、

「うん」って答えるけど、

それって思いやりだよね。



彼氏とのエッチが気持ちよくないわけじゃないけど、

真っ白になるとか、

オナニーとは全然違うっていう快感を体験してみたかった。



だから、

出会い系では年上でテクニックのありそうな男性を中心に探していた。



でも、

書き込みやメール交換だけじゃ、

セックスのテクニックなんてわかんないよね。



会ってみようという決心がつかないまま、

書き込みを眺めていたら、

「ペニスの大きさには自信がない分、

前戯でがんばります。イけるまで何時間でも。」



という4歳年上の男性・タクヤの書き込みをみつけた。



男性って自分のペニスが大きいと妙に自信をもっちゃうみたいで、

おまんこに入れさえすれば、

女はイくだろうみたいに思ってる人が多いけど、

痛いだけって場合もよくあるんだよね・・・。



私は彼氏の自己中心的なセックスを思い出してブルーになった。



ペニスのでかさが自慢の彼は、

AVと現実のセックスをごっちゃにしてて、

フェラチオさせればおまんこがぬれるだろうとか、

乱暴にするほうが興奮するんだろうとか、

かなりの勘違いくんだ。



あんまりちゃんと前戯をしてくれないから、

彼の大きなペニスを挿入されるといつも痛くて、

終わった後もしばらくひりひりしてイヤだった。



思い切ってタクヤにメッセージを送った私は、

メール交換しているうちに、

タクヤに今までのセックスでの不満をぶつけるようになった。



タクヤは性急に会いたいといってくることもなく、

私がいままでイヤだったセックスとか、

やってみたいいやらしいことなんかを熱心にきいてくれた。



私は自分がやってみたいセックスなんて、

考えたこともなかったから、

タクヤに紹介されたエッチなサイトを巡って、

イメージを膨らませていた。



スカトロは絶対ナシだな。



野外露出もちょっと・・・アナルセックスも怖い・・・バイブは使ってみたいかも。



レズ・・・意外と女同士っていうのアリかも。



拘束もちょっとときめくけど、

初対面だとムリだなあ。



今までみたこともないようなエッチなサイトを見ているうちに、

私は自分の意外な嗜好を知った。



そして、

すごく興奮してきた。



やっとタクヤと会う前の日の夜は、

わくわくして眠れないくらいだった。



タクヤはわりとさわやかな感じの普通の青年だった。



でも、

なぜか女の子連れだ。



タクヤの妹だというユウちゃんは、

かわいらしくていい子だったけど、

期待におまんこをうずかせていた私はがっかりだった。



ランチを三人で食べ終わると、

タクヤは何気ない口調で、



「じゃ、

これからラブホテルに行きます?」

といった。



妹の前なのに、

あまりにさらっというので、

私の方があせってしまう。



「えっ!?ユウちゃんはどうするの?」

「よければ、

ユウもごいっしょに。コイツ、

レズなんですよ。」



呆然と立ち尽くしている私の腕に、

ユウちゃんが腕を絡める。



「アイお姉さま、

早くいきましょ。ユウ、

すっごく楽しみ♪」

まるで遊園地にでも誘うようにうきうきした様子で、

ユウははしゃいでいる。



近くのラブホテルに三人で入ると、

ユウがどんどん服を脱いで素っ裸になった。



童顔なのにおっぱいが大きくて、

ウエストがきゅっとくびれている。



タクヤはちょっと離れたいすに座って、

お茶を飲み始めた。



とまどっている私の服をユウがちょっとずつ脱がせていく。



「早くっ早くっ。アイお姉さまの裸みせて・・・。」



私もすぐに裸にされてしまい、

ユウに抱きつかれた。



やわらかなすべすべの肌が気持ちよくて、

くらっとしてしまう。



「アイお姉さま、

スタイルいいですね♪」

ユウちゃんほどじゃないっていおうとした口は、

ユウの唇でふさがれた。



ふわふわの唇がふれたかと思うと、

するりと舌が口の中に入ってくる。



ちゅ・・・ちゅ・・・かなり手なれたキスで、

舌をからませながら、

ユウの手は私のおっぱいをまさぐっている。



女の子の細い指がくりくりと乳首をこねると、

いままでに感じたことのない快感でぞくぞくした。



「何コレ・・・気持ちいい・・・。」



「ふふ・・・女同士ですもん。気持ちのいいツボはわかりますよ。」



そのまま、

ちょっとかがんだユウちゃんの舌や唇で乳首を愛撫されているだけで、

私は立っているのがつらくなってきた。



「ベットに行きましょうか。」



完全にユウのペースになっているが、

気持ちよさで腰がふらふらの私は素直についていった。



ベットにあお向けに寝かされ、

足を思いっきり開かれる。



「わあ!アイお姉さま、

きれいなおまんこですね。よだれがたれていて、

ぱくぱくしてる・・・。」



ユウはちろちろと猫のように私のおまんこを舐めはじめた。



クリトリスをれろんと舌先で舐められて、

指で小刻みに刺激され続けると、

きゅんとした快感が走った。



「あっ!はぁん!」

「あれ?もうイっちゃったんですか?男とのセックスではイけなかったんでしょ?」

私はオナニーよりも気持ちよかった小さな絶頂にしびれていた。



膣口からそっと指を入れられて、

膣壁をこすられているうちに、

また快感がこみあげてくる。



「ウソ・・・また・・・あっ。」



「イくときは、

イくってユウにも教えてくださいね。」



ユウは膣の中を指で刺激しながら、

クリトリスをぺろぺろぺろとすばやく舐めている。



「や・・・やっ・・・もう・・・なんか・・・はんっ・・・。」



「イきすぎて、

つらいの?」

ユウの顔はさっきまでのかわいらしかった少女ではなく、

妖艶な笑みを浮かべている。



感じすぎて目の端から出ていた涙をユウの唇で吸い取られて、

赤くなった顔をじっくりとみられた。



「じゃあ、

おまんこにバイブ入れようか。」



三本も入っていたユウの指の代わりに、

コンドームをつけたバイブが私のおまんこに入ってきた。



それほど太くないバイブは簡単に奥まで入っていって、

すぐに振動をはじめた。



クリトリスのところにも、

振動しているパーツがあって、

強烈な快感を伝えてくる。



膣の中のバイブはぐねぐねと動きながら、

私のおまんこを拡げている。



「ん・・・いやあ・・・なんか・・・んん・・・。」



ユウは私の顔をみながら、

ちゅぶちゅぶと左右の乳首を交互にしゃぶっている。



はじめてのバイブは強制的にイかされる感じで、

ユウの愛撫ほど気持ちよくなかった。



「そろそろ参加してもいいですか?」

全裸でペニスを勃起させたタクヤが、

イきすぎてぐったりしている私の顔を覗き込んだ。



こんなにイっているのに、

まだペニス挿入前だったことに驚く。



「いいけど・・・。」



大きさに自信がないって書いてたわりに、

タクヤのペニスは普通サイズだ。



「兄貴のちんぽ、

おまんこに入れられちゃうんだぁ・・・。イヤだったら、

ムリしなくてもいいんだよ?」

ユウは残念そうに私の顔をみつめている。



ペニスにコンドームを装着したタクヤは、

私のおまんこからバイブを抜いて、

ペニスをあてがった。



「入れてもいいですか?」

バイブを抜かれて物足りなくなったおまんこがペニスをほしがっている。



「いいよ・・・。」



ずぶんと一気にペニスを突き込まれても、

ユウの愛撫とバイブでほぐれていたおまんこは柔軟に受け止める。



「アツくて気持ちいい・・・。」



ユウがクリトリスを細い指でいじりながら、

あいている手で乳首をつまみ、

何度もキスしてきた。



ペニスを挿入されながら、

クリトリスをいじられると、

かなり気持ちがいい。



「アイお姉さま、

いやらしい顔してる。気持ちいい?」

切なそうな顔でユウがささやくと、

おまんこの中のペニスの動きが激しくなった。



「気持ちいい・・・イきそう・・・。」



「いいよ。イって・・・。」



二人がかりで与えられた快感は、

失神寸前になるほどの強さで、

私はユウに抱きしめられながら、

彼氏になんていって別れようかとぼんやり思った。




おわり



このサイトすごいですね!
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
出会系サイトで登録無料に登録して失敗談を教えてくだしい。 主催者にどれだけお金...

出会系サイトで登録無料に登録して失敗談を教えてくだしい。 主催者にどれだけお金をつぎ込んだか教えて下さい。出会系サイトで登録無料と書いていたので登録だけでもと思い途中までは入力してメモかコメント欄 でエラーが出たのでやめたのですけれどその後5分も経たない内に10通位立てずけ来たのでビックリ、メールの文章の下に銀行振込の欄がありこれはお金がいるなと思い無視しています。完全に登録した方内容や失敗談を教えて下さい。一晩付き合って下されば50万やるからと書いてあるけど そんな馬鹿げた話は絶対ないと思っている。2,3万ならだまされるかもしれないけれど、地方の登録 者が人口が少ないのにあまりも多いので信用できない。(続きを読む)


出会系サイトについておしえてください

出会系サイトについておしえてください 出会い系サイトについて教えてください。 今まで、数個の出会い系サイトを見てきましたが、以下に述べるようなサイトは悪質なサ...(続きを読む)



  1. 2010/07/04(日) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

 一人暮らしをはじめて、さみしかったから。

私が出会い系を使ったきっかけは、

一人暮らしをはじめて、さみしかったから。



仕事をしているときはいいけど、

休日にたまっていた家事をやり終えると、

妙に人恋しくなってしまう。



お菓子をつまみながら、

出会い系の書き込みを眺めているうちに、

「年上のメガネショートの女性が好みです。彼氏でもセフレでも下僕でもいいので、

メッセージください。」



という書き込みが目についた。



書き込みの内容も面白かったけど、

タクヤっていう名前が高校生のときにあこがれていた先輩といっしょだったので、

心が動いた。



さっそくメッセージを送ってみると、

すぐに返事が返ってきた。



何気なくメール交換をしてたけど、

最初は会うつもりはなかった。



でも、

タクヤのメールは面白くて、

だんだんメールのやりとりが楽しくなってきて、

会ってみてもいいかなって思うようになった。



家から離れたファミレスとかなら、

そう危険もないだろうし。



会ってみると、

タクヤはいいやつだった。



想像していたよりも私のタイプで、

ちょっとときめいた。



タクヤの方は、

私をみたとたん、

目をきらきらさせて、

明らかにテンションがあがっていた。



「すごい!理想通りだ・・・。夢にみていたようなメガネショートのお姉さまです。」



うっとりとみつめられると、

さすがに照れてしまう。



食事しながら、

お付き合いしてくださいと口説かれ、

つい、

「下僕ならいいよ。」

と答えてしまった。



タクヤは一瞬、

びっくりした顔をしたが、

「わかりました。」

と答えた。



「下僕としては、

とりあえず、

お食事をおごらせていただきますね。他にご奉仕できることは?俺、

けっこう家事とかも得意ですよ。あと、

運転もわりと自信あります。」



その日は携帯の番号とメアドだけ交換して、

家の近くの駅まで送ってもらった。



帰り道のコンビニで立ち読みしていると、

携帯にタクヤからメールが届いた。



「今日はアイさんとお会いできて幸せでした。これからはなんとお呼びすればいいですか?」

私は悪ノリしてしまって、

「やっぱり、

ご主人様、

かな。こちらこそ、

ごちそうさま。送ってくれてありがとう。」

と返信した。



「ご主人様に喜んでいただけて光栄です。いつでも呼んでくださいませ。」

という返事が返ってきた。



そんなご主人様と下僕プレイを楽しんでいるうちに、

私は楽しくなってきた。



まるでお姫様みたいに大切にされるのだ。



タクヤは本当に私の部屋のそうじもしてくれたし、

おいしいごはんも作ってくれた。



すっかり満足して、

ベットにごろんと横たわっていると、

満腹感で私はうたたねをしてしまった。



タクヤがお皿を洗っている音が心地いい。



気がつくと、

タクヤの顔がドアップで迫っていて、

私はびっくりして飛び起きようとした。



タクヤの体重が微妙にかけられていて、

動けない。



「すみません・・・。でも、

あんまり無防備に寝ているから・・・もう理性が・・・。」



二人きりでドライブしていても、

私の部屋に来ても、

全く手を出してこなかったタクヤが男の顔になっている。



タクヤは私をぎゅっと抱きしめて、

自分の理性と戦っているかのように、

荒い息を耳元で吐いていた。



「大好きです・・・。」



自分のタイプの男に抱きしめられながら、

そんなことを囁かれたら抵抗なんてできっこない。



「いいよ。」



私がぼそっといった言葉をタクヤは聞き逃したらしい。



「えっ?」

体勢を変えて、

私の顔を真剣にみつめているタクヤの表情は不安そうだ。



「してもいいっていったの!・・・私も好き。」



恥ずかしくて真っ赤になりながらいい終わると、

よだれがあふれるくらいのディープキスで口をふさがれた。



舌が私の口の中を暴れまわっている。



タクヤの唾液と私の唾液が混じり合って、

口の端からこぼれていく。



私は苦しくなって、

タクヤの背中を軽く叩いた。



「ごめんなさい・・・嬉しくてつい・・・。」



嬉しそうに笑っているタクヤの口の周りはよだれでべとべとだ。



普段はおとなしいくせに、

理性が飛ぶとめちゃくちゃしてしまうタイプらしい。



「えへへ。ご主人様とセックスできるなんて、

夢みたいです。」



タクヤはにこにこしながら、

私の服を脱がす。



「とかいって、

いつも想像してたんじゃないの?」

私はつい意地悪をいってしまう。



図星だったらしく、

顔を赤くしたタクヤはすねたように、



「それは俺も男ですから、

ご主人様の恥ずかしい姿を想像したりして、

毎晩オナニーしてましたよ。特に、

会う前と会った後は、

二回くらいずつ。」



ぶつぶつぼやきながら、

私のブラジャーをはずしていく。



「それ、

多くない?」

「まだ若いですから!それに理性を飛ばさないためには、

そのくらいしないと・・・。でも、

今日のは無理です。あんな無防備に寝られたら、

誰だって襲います。」



タクヤは私の肌をそっとなでるように、

さわっている。



上半身裸になった私は恥ずかしくなって、



「明かり、

消してよ。」



と命令した。



タクヤはすごくがっかりした顔で、



「キレイなんだから、

もっと見せてくださいよ・・・。」



とねだった。



「そのうちね!イイコにしてたら、

見せてあげる。」



タクヤは、

「絶対ですよ!約束ですからね!」といいながら、

スイッチを切りにいった。



暗い中を手探りで戻ってきたタクヤの手がまた私にふれると、

なんだかほっとした。



タクヤは私の乳首をいじったり、

舐めたりしながら、

私の反応を楽しんでいる。



やっとパンティを脱がされた頃には、

待ちきれなくなっていた。



「嬉しいな。感じてくれてるんですね。」



私はセックスであまり声を出さないタイプなので、

タクヤは不安だったのだろう。



ぬれているおまんこを嬉しそうに舐めまくった。



かわいい・・・。



まさに下僕だ。



十分すぎるほどぬれたおまんこにコンドームに覆われたちんぽが挿入されると、

意外に大きなタクヤのちんぽに思わずあえぎ声がでてしまった。



「んん・・・くぅん・・・。」



「アイさんの中、

気持ちいいです・・・。」



ゆっくりと奥まで入ってきたちんぽは、

じれったくなるくらい動かない。



「う、

動かないの?」

私がきくと、

タクヤは照れたような顔で、



「だって、

動いたらすぐイっちゃいそうでもったいないんですもん。」



といいながら、

ちょっとずつちんぽを動かした。



一度動き始めると、

どんどん加速がついていって、

あっというまに、

おまんこの奥までがんがん突き上げられていた。



「くっ・・・ヤバいくらいイイです・・・。」



急にタクヤの動きが止まったので、

射精したのかなと思ったら、

また動き始めた。



「もうイく・・・。」



絶頂を迎えた私がおまんこをしめつけると、

タクヤもいっしょにイったらしい。



「ちぎれるかと思いました・・・。」



はあはあいいながら、

くだらないことをいっているタクヤはとても満足そうだ。



その日からタクヤは彼氏兼下僕になった。



実質的には、

エッチするようになった以外はあまり変わっていない。




おわり



一回だけのつもりだったけど
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
ナウいアンケートの活用(PART 2)

で出会った女性なのですわよ。デンマンさんが6年程前にネットで出会って、 それ以来、お二人はラブラブなんですのよう。あなたがまだ、その記事を読んでいないのだったら、 ぜひ読んでね。つまりね、ブログを書くと、 そのような出会い(続きを読む)



出会系サイトで登録無料に登録して失敗談を教えてくだしい。 主催者にどれだけお金...

出会系サイトで登録無料に登録して失敗談を教えてくだしい。 主催者にどれだけお金をつぎ込んだか教えて下さい。出会系サイトで登録無料と書いていたので登録だけでもと思い途中までは入力してメモかコメント欄 でエラーが出たのでやめたのですけれどその後5分も経たない内に10通位立てずけ来たのでビックリ、メールの文章の下に銀行振込の欄がありこれはお金がいるなと思い無視しています。完全に登録した方内容や失敗談を教えて下さい。一晩付き合って下されば50万やるからと書いてあるけど そんな馬鹿げた話は絶対ないと思っている。2,3万ならだまされるかもしれないけれど、地方の登録 者が人口が少ないのにあまりも多いので信用できない。(続きを読む)


アダルト系迷惑メール

ですが必ず「無料で紹介」とか、「無料で××とか」とにかく「無料」というのが目立ちます。これらはいったいどうやって利益を上げているのか判らないので、判る方がいらっしゃいましたら教えてください。またこうサイトで出会った相手は(続きを読む)



  1. 2010/01/10(日) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:24

 足腰立たなくなるくらい

出会い系で出会ったタクヤは絶倫で、

私は会うたびに、

足腰立たなくなるくらいヤられていた。



タクヤのちんぽは、

何回も勃起するだけじゃなくて、

一回射精するまでやたら長持ちするの。



タクヤのことは好きだったけど、

タクヤとのセックスの後の私の体は、

いつも悲鳴をあげていた。



あんまりこすりすぎると、

膣壁って傷がついたり、

炎症をおこしたりして、

ひりひりと痛くなっちゃう。



仕方がないので、

私はセックスが好きな女友達を二人、

タクヤとのセックスに誘った。



待ち合わせ場所に三人で行ったら、

さすがにタクヤも驚いていたけど、

乱交って知ると、

にやにやしはじめて。



フクザツな気分になったけど、

私一人じゃ体がもたないもんね。



タクヤが絶倫だっていう話をたっぷりしておいたから、

ユウとミクはウキウキしてるみたい。



両方からタクヤの腕にぶらさがって、

おっぱいを押し付けたりしてる。



私はちょっとやきもちを焼きながら、

後をついていった。



乱交すれば、

私の体の負担が減るっていう以外にも、

今日の乱交には目的があったんだ。



一度でいいから、

タクヤが勃起しなくなるところをみてみたかったの!

だって、

いつも、



「まだ勃つのぉ!?」

って悲鳴あげてたから。



みんなで裸になったところで、

タクヤが仕切り始めた。



乱交したことあるわけじゃないのに、

妙に手際がいいなあ・・・。



「じゃあ、

ユウちゃんとミクちゃんは、

お互いにクンニして、

挿入の準備をしてくれるかな?」

ユウもミクもレズではなかったはずだけど、

乱交で興奮してるのか、

素直にベットで抱き合った。



69の体勢で、

お互いに相手のおまんこをクンニしている。



私はそれを眺めるように、

ベットに手をつかされて、

後ろからタクヤに抱きつかれて、

おっぱいをもまれた。



「いきなり乱交なんて、

驚くじゃないか。」



耳元で私にしかきこえないように、

ささやかれる。



「男だから据え膳は喰っちゃうけど、

アイはおしおきだね。」



手がおっぱいからクリトリスにうつって、

私は早くもイきそうになってきた。



もうちょっとでイくっていうときに、

タクヤの手は止まってしまう。



「次は、

クンニだね。」



後ろからゆっくりとおまんこを舌でなぞられて、

私はあえぎ声を必死で我慢する。



目の前では、

ユウとミクがレズプレイをしていて、

甘いあえぎ声をもらしながら、

おまんこを舐めたりいじったりしている。



タクヤの指がおまんこの中に入ってきた。



くくっと指先が曲がって、

私の大好きなところをこすっている。



ああっ!イっちゃう・・・と思った瞬間、

指が抜かれてしまった。



「さあ、

どっちから挿入してほしい?」

ユウとミクはベットの端で、

大きく足を開いて、

濡れ濡れのおまんこを二つ並べた。



「待ちきれないから・・・。」



「交互に入れてぇ・・・。」



タクヤはいわれたとおりに、

ユウとミクのおまんこに交互に挿入した。



ユウのおまんこをちんぽで何度かこすっては、

ミクのおまんこに挿入して、

ミクにあえぎ声をあげさせる。



ちんぽを挿入していない方のおまんこを指でいじっているから、

どっちもそれなりに満足しているみたいだ。



私はイきそうなところを放置されて、

さみしくなって、

自分の指でおまんこをいじってしまう。



「アイ、

せっかくの乱交なのに、

オナニーなんかしてちゃダメだろ。」



オナニーしてたのをバラされて、

私は真っ赤になった。



「アイちゃん、

オナニーしてたんだあ。」



「こっちにおいでよ。舐めてあげる・・・。」



ミクの顔にまたがるようにいわれて、

私はおそるおそるミクの顔の上におまんこを差し出した。



ちろちろと猫のようにおまんこを舐められて、

すごく気持ちよくなる。



イきそうって思ったら、

ミクの舌がはなれて、

あえぎ声が激しくなった。



「やっ・・・イきそう・・・激しいよぉ!」

タクヤが私がイくのを邪魔するために、

ミクを集中して責め始めたらしい。



私はまたしても、

中途半端で放置されて、

切なくなった。



ミクはイったらしくて、

ぐったりとしている。



タクヤはユウのおまんこにちんぽを移動して、

激しく腰を振っていた。



「イイっ!すごい・・・気持ちいいよぉ!」

ユウも感じてるみたいで、

口の端からよだれがたれている。



私は二人がセックスしてるのをみているのがつらくなって、

さっきおまんこをクンニしてくれたミクの乳首をしゃぶった。



「ん・・・うん・・・アイちゃん、

気持ちいいよ・・・。」



ミクが嬉しそうにしてくれると、

なんだか嬉しい。



それに、

女の子の乳首をしゃぶるのって、

私もちょっと気持ちいいかも。



私は夢中になって、

ミクの乳首をしゃぶった。



「ああんっ!うそぉ!また・・・入ってきたぁ。」



タクヤのちんぽがまたミクのおまんこに入っていた。



ユウはイったみたいで、

ぴくりとも動かない。



乱交の間、

タクヤは私にはちんぽを入れてくれなくて、

イかせてもくれなかった。



ミクとユウが何回もイって、

おまんこから精液を垂れ流しながら、

寝ちゃった後、

タクヤが私をからかうように、

まだ勃起してるちんぽをしごいてみせた。



「まだできるけど、

どうする?おまんこに入れてほしい?」

いらないなんて意地は張れなかった。



やっと挿入してもらったおちんぽに、

おまんこのいいところをこすってもらって、

ようやくイけた私は、

続けて何度もイかされた。



「アイちゃんは、

俺のこと、

セフレとしか思ってないんだろうけど、

俺、

アイちゃんのこと、

好きなんだよね。」



耳元で告白されながら、

私はまたイってしまった。



おまんこの中に、

タクヤの精液がどくどくと射精される。



私は気が遠くなりながら、

もう乱交なんてよそうって思った。




おわり



一回だけのつもりだったけど
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
某出会い系サイトから当サイトは東京国際出会審査所優良ページ認定済みという称号....

某出会い系サイトから当サイトは東京国際出会審査所優良ページ認定済みという称号を受けたとありましたが、東京国際審査所なる団体って存在するのでしょうか??(続きを読む)


出会い系サイトのノエルの姉妹サイト、ノエルグランデで知り合った女性と結婚したい

2007年の春にノエルという出会い系サイトに登録したのですが知らないうちにノエルグランデという出会い系サイトからもメールが来るようになったのですがその中のある女性を好きになってしまいました。もうメールを続けて1年以上になりますが、(続きを読む)



  1. 2010/01/02(土) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:8 |
  4. コメント:0

 乱交・・・?

出会い系で出会ったタクヤとは、

セフレだったけど、

妙に気が合って、

飲みとかごはんとかもよく行ってた。



タクヤのいきつけのお店は、

安くておいしくて、

店員さんも感じよくて、

雰囲気がいい。



その日もバーでまったりと飲んでたら、

急に、

すっごく眠くなってきちゃった。



「アイちゃん、

おめめがとろーんとしちゃってるよ?ちょっと寝たら?」

タクヤが髪をなでながら、

やさしくいったので、

私は意識を手放した。



酔いが回って、

体がダルい。



でも、

それがまるで自分の体じゃないみたいで、

気持ちいい・・・。



「乱交・・・?いや、

マズいでしょ。」



「乱交ってほどじゃないよ。大丈夫。本気でいやがったら、

やめるし。」



頭の上で、

タクヤと店員さんが話してるのがうるさい・・・。



乱交って何よ・・・。



誰かがもぞもぞと、

私の服の中に手を入れている。



タクヤだな・・・もうこんなとこで、

恥ずかしい・・・。



タクヤらしき手が両手でおっぱいをいじっているのに、

パンティの中にも手が入ってきた。



あれ?タクヤって手が三本あったっけ・・・?

夢の世界にいた私は、

ぼんやりと馬鹿なことを考えていた。



私の体を這い回る手は、

四本になった。



だんだん、

服が脱がされていく。



ぬっちょりとした舌が私の肌を舐めている。



気持ちいいけど、

コレ、

タクヤだけじゃないよね・・・。



私は眠い目をむりやり開けた。



おっぱいをさわっていたのは、

タクヤの手だった。



おまんこをさわっていたのは、

店員さんの手だった。



私の肌を舐めているのは、

何度かみかけたことのある常連さん。



他にもたくさんの男の人と数人の女の人が、

私をじっとみている。



みんな裸だ・・・。



女の人は私をみながら、

男の人に愛撫されて、

気持ちよさそうにしてる。



何コレ?

私、

欲求不満だったのかな?

乱交する夢みちゃってるよ・・・。



「目が覚めた?なんか、

乱交パーティすることになっちゃった。」



タクヤが照れくさそうに笑いながら、

私にキスしてきた。



ぬるりとタクヤの舌が私の口の中に入ってきて、

ぐにゃんと動く。



今まで遠慮がちに動いていたおまんこの上の手と、

私の肌を舐めていた舌が激しく動き始めた。



「乱交・・・?」

私はわけがわからないまま、

快楽に流されそうになる。



だって、

おまんこに指が入ってきて、

くにくに動いてるのが気持ちいいし。



普段なら、

舐められないようなところを舐めている舌もイイ。



タクヤが私の口の中から舌を抜くと、

二人の唇の間をよだれが伝った。



「乱交、

オッケーみたいだね。」



タクヤは満足そうに笑うと、

私の首筋からおっぱいまで舐めたり、

キスしたりしはじめた。



「なあ、

そのコ、

テーブルにのせてくれよ!」

誰か男の人が叫んで、

私は脱ぎかけの服を全部脱がされて、

テーブルの上に仰向けで寝かされた。



小さなテーブルだから、

手足ははみでてしまう。



タクヤが私の頭の方から、

私のおっぱいをもみながら、

乳首を交互にしゃぶった。



店員さんが、

おまんこを手マンしながら、

クンニしている。



誰かが私のおへそを舐めている。



両手に勃起したちんぽを握らされて、

こすこすとしごかされている。



両方の足の指をしゃぶられていて、

くすぐったいけど、

気持ちいい・・・。



私は目を閉じて、

気持ちよさを味わった。



一体、

何人の人が私にさわっているのか、

わからない。



近くで女の人のあえぎ声と男の人のうめき声がきこえる。



どうして、

私、

こんなところで、

乱交しちゃってるのかな。



ちらっと思ったけど、

今までに感じたこともないような強烈な快感の波が私の体を包んで、

どうでもよくなってしまった。



「さあ、

乱交の開始だ!誰からこのコにちんぽ入れる?」

「俺、

いいスか?」

私のおまんこを手マンとクンニでほぐしていた店員さんが、

立候補したみたい。



すぐに大きくて硬いちんぽが、

私のおまんこの中に挿入された。



「はぅ・・・あっ・・・。」



ちんぽ挿入の間も、

乳首を両方、

別の人にしゃぶられ、

両手で別々のちんぽを手コキさせられて、

私はあえいだ。



「すげえ!俺もうイく!」

私のおなかに熱い精液がかけられた。



続けて、

おっぱいにもどぴゅっと精液が飛んできた。



ぐちゅぐちゅとおまんこがちんぽでかき回されている。



「あんっ・・・いや・・・ダメぇ・・・。」



誰かの手がクリトリスをこすりはじめた。



私はイくのを我慢できなくなって、

体をぎゅっと硬直させた。



「今、

めっちゃしまった・・・。アイちゃん、

イったでしょ?」

私のおまんこにちんぽを入れていた店員さんが、

息を荒くしながら、

私がイったことを暴露した。



「ちゃんと、

イくっていわないとダメじゃん。」



乱交に参加している男の人達に、

怒られた。



「おしおきに、

フェラチオしてもらうよ。」



私の口の中に、

苦い味のする勃起ちんぽがねじこまれた。



両方の口をちんぽで犯されて、

体中を愛撫されて、

私はまた気持ちよくなってきた。



「ほらほら、

ちゃんとイくっていわないと、

またおしおきされちゃうよ?」

そんなこといわれても、

口がふさがっていて、

しゃべれないよ・・・。



「イっちゃった〜!・・・そんなにおまんこしめると、

俺も・・・イく・・・。」



店員さんがやっと射精した。



ごていねいにも、

中出しだ・・・。



文句をいいたくても、

口がちんぽでふさがれているよぉ。



また違うちんぽが入ってきた。



今度のはちょっと細くて、

長い。



おまんこの奥をずんずん突かれて、

私はくぐもったあえぎ声をあげた。



「おまんこの中、

ひくひくしてて、

最高♪」

「早く出せよ!味わってないで代われよ!」

「おっぱいもなかなか・・・。」



「フェラチオも上手いよ・・・。」



口の中に精液が発射された。



ごほごほとせきこむと、

体を起こされて、

背中をさすられた。



落ち着いたところで、

目を開けると、

三本の勃起したちんぽが目の前に並んでいた。



乱交って疲れるんだね・・・。



さんざん、

ヤられまくった私は、

指一本動かすのもダルくて、

そのまま眠ってしまった。



それから、

さすがにタクヤとは絶交しちゃった。



乱交なんて、

本当はしたくなかったし。



タクヤのことは、

割と好きだったから、

残念だったけどね。




おわり



一回だけのつもりだったけど
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
某出会い系サイトから当サイトは東京国際出会審査所優良ページ認定済みという称号....

某出会い系サイトから当サイトは東京国際出会審査所優良ページ認定済みという称号を受けたとありましたが、東京国際審査所なる団体って存在するのでしょうか??(続きを読む)


出会い系サイトのノエルの姉妹サイト、ノエルグランデで知り合った女性と結婚したい

2007年の春にノエルという出会い系サイトに登録したのですが知らないうちにノエルグランデという出会い系サイトからもメールが来るようになったのですがその中のある女性を好きになってしまいました。もうメールを続けて1年以上になりますが、(続きを読む)



  1. 2009/12/27(日) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:2 |
  4. コメント:0

 カップル喫茶

出会い系で出会ったタクヤに、

カップル喫茶に連れて行ってもらったの。



タクヤとはいつも刺激的なセックスを楽しんでいるんだけど、

今回もすっごく新鮮で興奮しちゃった。



タクヤが入り口で会員証を見せて、

カーテンで隠された奥へと進むと、

ソファーとローテーブル、

ついたてで区切られた席がたくさんあったんだ。



仕切ってるのはついたてだけだから、

音はもちろん、

丸ぎこえ、

のぞこうと思ったら、

普通にのぞけちゃうの。



私達はソファーに座って、

飲み物を頼んだ。



タクヤは車だったからウーロン茶、

私は甘めのカクテル。



周りからは、



「ああんっ・・・はあはあ・・・うんっ・・・イイ・・・。」



とかいやらしい声がきこえてくる。



照明が薄暗いのも、

BGMがないのも、

なんかいやらしいんだよね。



飲み物が来る頃には、

たいぶ目が暗いのに慣れてきて、

斜め向こうの席で絡み合っている男女の姿が見えた・・・。



おっぱいがみえちゃってるし、

アレ、

完全にヤっちゃってるよね。



恥ずかしくなって、

タクヤをみたら、

タクヤも盛り上がってる二人を眺めてた。



「ここはねー、

のぞき、

露出プレイ、

乱交、

3P、

何でもできるんだよ。」



私は興奮して、

おまんこがじゅんって濡れちゃった。



緊張したらのどが渇いちゃって、

カクテルをごくごく飲んだら、

妙に甘くて、

体がふわふわしてきた。



「そんなに急に飲んだら、

酔ってエロくなっちゃうんじゃない。」



私は酔うとエロい気分になって、

積極的にいやらしいこと、

しちゃうんだ。



タクヤが服を脱がせてくるのにまかせて、

周りのカップルがじゃれあっているのを眺めてたの。



ホントにヤりまくってるカップルばっかり。



フェラチオしてる女の子とか、

バックでがんがんピストン運動してるカップルとか。



座った男の人のおひざにまたがって、

抱き合ってるかっこうで、

キスしながらヤってるカップルもいる。



リアルで他人のセックスを観る機会なんてないから、

私は遠慮なくじろじろみてたの。



タクヤの手は私の服をどんどん脱がせて、

パンティ一枚にしちゃった。



恥ずかしいけど、

みんな脱いじゃってるし、

いいよね・・・。



タクヤのおひざに座って、

後ろからおっぱいを両手でもまれながら、

耳元でぼそぼそとささやかれると、

すごく気持ちいい・・・。



「もう興奮しちゃって、

おまんこ濡れ濡れなんだろ?パンティ脱いじゃう?」

うんっていいかけたとき、

いきなり若い男の人が乱入してきた。



「うわー!すっごい美巨乳ですね!俺にもさわらせてくれませんか?」

「どうする?彼にもおっぱいさわってもらう?」

私は酔いがまわっていたし、

その男の人がイケメンだったので、



「うん。さわってもらう・・・。」



オッケーしてしまった。



「ありがとう!パイズリしてもらったら、

気持ちよさそうなおっぱいですよね。」



イケメンは私のおっぱいを両手で包み込むように、

ソフトにさわっている。



「そうそう。アイのパイズリは最高ですよ。」



タクヤが自慢げにいうと、

イケメンはうらやましそうな顔をした。



「いいなあ〜。ところで、

おっぱいがこんなにキレイだと、

やっぱりおまんこも同じくらいキレイなのか気になりますね。」



イケメンの指は私の勃起した乳首をこねくりまわしていて、

私は気持ちよさで何も考えられない。



「アイ、

このお兄さんに、

パンティ脱がせてもらおうね?」

私はタクヤの体に体重をあずけたまま、

子供のようにこくんと頷いた。



「じゃあ、

パンティを脱がせますね。」



イケメンは私の両足から、

そっとパンティを抜き取った。



ローテーブルの上に置かれていた懐中電灯で、

丸みえになった私のおまんこを照らしている。



タクヤの手が後ろから私の足を拘束しているから、

私は足を閉じられない。



「うーん。キレイなおまんこですね。しかも、

感じすぎてぐちゅぐちゅだ。」



イケメンがふぅっと息を吹きかけたので、

私はぞくぞくと体を震わせた。



「よかったら、

舐めてやってください。アイはクンニされるのが大好きなので。」



イケメンは返事もせずに、

私のおまんこを舐めた。



ちゅぷっちゅぷっと私のおまんこから、

いやらしい音が響く。



「3Pですか?私も混ぜてくれませんか?」

全裸で股間を勃起させている中年の男性が声をかけてきた。



年齢の割に、

ぴーんと反り返っているちんぽは、

なかなかの逸品。



私の首筋を舐めていたタクヤは、

機嫌よくオッケーしてしまった。



「では、

このお嬢さんのおっぱいをしゃぶらせてもらおうかな。」



中年の男性は、

私のおっぱいをしゃぶりながら、

手でもみしだく。



イケメンと違って、

ちょっと乱暴な愛撫がクンニと合わさって、

すごくイイ。



でも、

これって乱交なんじゃないかなあ。



今までさすがに、

乱交まではしたことなかった私は、

ちょっと不安になった。



「もしかして、

乱交中?私も入れてほしいわ。」



グラマーな美人が声をかけてきて、

ますます乱交になったけど、

これでおまんこがひりひりするまでヤられなくてすみそう・・・。



ほっとした私は、

とっても甘かった。



その後、

私はイケメンにちんぽを挿入されながら、

中年の男性のちんぽを咥えさせられて、

グラマーな美人とタクヤがヤってるのを横目で眺めた。



イケメンが射精した後、

すぐに中年の男性のちんぽを入れられて、

後ろからずこずこ突かれながら、

タクヤのちんぽをフェラチオした。



イケメンがグラマーな美人と絡み合ってるあえぎ声をBGMに、

中年の男性の精液をおまんこの中に射精されて、

フェラチオで大きく勃起したタクヤのちんぽに交代・・・。



おまんこは精液でどろどろになってて、

もう何がなんだかわかんないくらいあえいでた。



あえぎ声がうるさかったらしくて、

男の人が集まってきちゃって、

私は結局、

何人の男の人にヤられたのかわかんないくらいちんぽを入れられまくった。



ホント、

乱交なんてするもんじゃないよね。



性病が心配だったから、

ピルをもらっている病院にいったら、

ヤりすぎで膣壁が炎症おこしてますよっていわれちゃった・・・。




おわり



このサイトすごいですね!
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
ここは酷い堂島ですね

で定点観測-ニコニコ動画(9) http://www.nicovideo.jp/watch/sm8920546 asahi.com:猪名川町・多田銀銅山かいわい-マイタウン兵庫 http://mytown.asahi.com/hyogo/news.php?k_id=29000160912070001 asahi.com:補修ビジネス拡大 老朽化するインフラ-マイタウン富山 http(続きを読む)



焼津の半治が出ていた時代劇の題名を教えてください

数年前、お昼の時代劇アワーのような番組で毎日‘焼津の半治"が出ている時代劇を見ていました。多分かなり古い時代劇です。半治は、強くて男前の主人公にいつもひっついているキャラクターだったのですが、番組名も主人公の名前も覚えていませ(続きを読む)



  1. 2009/12/21(月) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:3 |
  4. コメント:1

 アブノーマルなセックス

出会い系で出会ったタクヤとは、

どんどんアブノーマルなセックスをするようになっている。



最初は、

ラブホテルで会って、

セックスして別れるだけの関係だったのに、

カーセックスにはじまって、

野外露出まで進んでしまった。



カーセックスのために、

人気のない山奥にいってしまうと、

ちょっとくらい外でしても、

それほど変わらないかなと思ってしまう。



車の中はせまいし、

制約も多いから、

いつ人にみられるかわからないというリスクというか、

スリルを感じるのなら、

開放感のある野外露出プレイの方が私の好みだった。



人気のない夜の海でセックスしたり、

季節はずれのキャンプ場でセックスしたりと、

野外露出はバリエーション豊富だ。



野生にかえるのかもしれないけど、

室内でするより、

気持ちがよくて、

何度もイけるし。



珍しく、

私を昼間に呼び出したタクヤは、

寂れたデパートの屋上に私を連れて行った。



今までは夜の闇にまぎれて野外露出プレイを楽しんでいたので、

タクヤの意図がわからず、

戸惑いを隠せない。



タクヤにいわれたとおり、

下着は付けずに、

ゆったりとしたシャツとひざ丈のフレアスカートという格好の私をみて、

タクヤは満足そうだ。



昼下がりのデパートの屋上は、

人気が少なくて、

薄汚れた動物の形をした遊具がさみしく止まったままになっている。



私たちとすれちがいに、

小さな子供を連れた母親が降りていった。



タクヤは私を屋上の手すりにつかまらせた。



手すりにつかまって外をみると、

向いのビルのオフィスで働いている男性の姿が見える。



顔まではわからないけど、

何をしているかはわかるくらいの距離だ。



タクヤは私の後ろにぴったりとよりそい、

シャツの下に手を入れた。



「ウソ・・・まさかこんなところで、

野外露出プレイをするんじゃ・・・。」



タクヤの指がすでに立ち上がっている私の乳首をきゅうっとつまんだ。



タクヤの渋い声が私の耳元で、



「野外露出プレイも、

最近、

興奮しなくなってきたんだ。」



とささやく。



タクヤの声が大好きな私は、

それだけで腰砕けになってしまう。



それにしても、

いくら寂れているとはいえ、

いつ人が来るかわからないデパートの屋上で、

向いのビルの人にも気づかれそうな場所での野外露出プレイは、

私には刺激が強すぎた。



「イヤよ・・・こんなところじゃ・・・。」



すでに力の入らない体をよじって、

タクヤの手から抜け出そうとするが、

おっぱいをつかまれていては、

逃げられるはずもない。



「いいじゃない。ほら、

もう俺のちんぽはこんなに勃起しちゃってるよ。」



薄い素材のフレアスカートが包んでいるだけのおしりに、

勃起しているのがはっきりと感じられるちんぽをすりつけられると、

私は今までの快楽を思い出して、

すぐにでもおまんこに入れて欲しくなってしまう。



おっぱいをいじっていた右手が、

フレアスカートの中にするりと入って、

太ももの内側をなでながら、

おまんこへと向った。



左手はやさしくおっぱいをもんでいて、

ときおり、

乳首を指でくすぐっている。



「アイだって興奮して、

おまんこをこんなにぬらしてるじゃないか。」



指でおまんこのワレメをなぞられると、

ぬれぬれになっているのがバレてしまう。



でも、

それはノーパンノーブラっていうこの格好とタクヤに会えるから体が期待しているせいであって、

けして野外露出プレイに興奮しているわけじゃないと思う。



いってもどうせ信じてもらえないだろうけど。



タクヤの指はおまんこから湧き出ているぬめりをすくいとって、

クリトリスになすりつけた。



そのまま、

クリトリスをまったりといじっている。



耳元で荒い息を吐かれていると、

だんだん気持ちよくなってきて、

タクヤに体を預けてしまう。



タクヤの指がおまんこに入ったとき、

がたんという音がして、

誰かが屋上に上がってきた。



小さな子供を連れた父親は、

子供を遊具に乗せると、

そのへんを歩き回りはじめた。



タクヤが私のおっぱいとおまんこから手を離してくれないので、

私はどくんどくんと鳴っている自分の心臓の音でパニックになりそうだった。



足音がこっちに近づいてくる・・・もうバレてしまう・・・と目をぎゅっと閉じたら、

子供が父親を呼んだ。



父親はもっと遊具に乗りたいといっている子供を連れて、

降りていった。



私はほっとして、

体から力が抜けてしまい、

その場にへたりこみそうになった。



「おまんこ、

すっげえしまってたよ。指じゃなくて、

ちんぽを入れておけばよかった。」



能天気な声で私にささやくタクヤが憎らしくなる。



そんな私にはかまわず、

タクヤは私のフレアスカートをまくりあげると、

ズボンから勃起ちんぽをだして、

後ろからおまんこにずぶりと入れた。



私は手すりに両手でつかまって、

タクヤのちんぽの動きを感じることしかできなくなる。



ぐちゅぐちゅと結合部からはいやらしい音がしていて、

激しく動いているタクヤのちんぽが私のおまんこの気持ちいいところに何度もあたる。



「はっ・・・イイ・・・。」



目をつぶってうっとりとあえいでいる私の耳元でタクヤが、



「正面のビルの窓をみてみなよ。さっきから、

じっとみてるヤツがいるぜ。」



とささやいた。



我に返って、

顔をあげてみると、

確かにスーツ姿の男性らしき人がこっちをむいたまま、

ぼんやりと立っているように見える。



タクヤはみせつけるように、

激しく腰を動かした。



我慢しようと思っても、

私もつられていっしょに動いてしまう。



タクヤがおまんこの中に射精したときには、

今までの野外露出では感じたことがないほど、

激しくイってしまった。



それからも私たちは、

たまにこのデパートの屋上で野外露出セックスをする。



最近はもっと近くで誰かにセックスを見てもらいたいような気がしてきて、

ちょっと困っているのだった。




おわり



このサイトすごいですね!
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
田舎者の嫌らしさを凝縮

プレインファーム札幌直営店の限定品として発売。あまりの人気で生産が追いつかず数量限定となっている。o 2007年1月11日、北海道テレビ放送(HTB)森さやかアナウンサーのブログにおいて、「帰省お土産(1)」として取り上げられる。o 2007年7月15日放送、札幌テレビ放送(続きを読む)



友達→恋人になりたい!アドバイスください!

2ヶ月前に出会った異性がいます。彼は東京住まいで、1ヶ月に一度私の地元に来ます。初対面で意気投合、彼から「料理するの」、とか質問責めで好意を感じたのですが、「あなたに彼女がいるうちは友達でいよう。(続きを読む)



  1. 2009/12/12(土) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:16 |
  4. コメント:2

 今まで知らなかった快楽の世界

出会い系で出会ったタクヤはセフレっていうか、

ご主人様っていう感じで、

会うたびに、

私を今まで知らなかった快楽の世界に連れていってくれる。



普段はていねいな口調で話すやさしいタクヤがセックスのときだけ、

クールに命令してくるのも、

すごくぞくぞくして興奮しちゃう。



前回のセックスでは、

深夜のファミレスのトイレでバイブを挿入されて、

何気ない顔で席に戻って、

タクヤの手がバイブを強にするたびに、

あえぎ声がもれてしまわないように我慢した。



タクヤはバイブを強にしたり、

弱にしたりしてさんざんじらした後、

私の横に座って、

パンティの中に手を入れて、

バイブを強にしながら、

クリトリスをイくまで指でこすり続けてくれた。



私が声を押し殺してイってしまうと、

また向かいの席に座り直したタクヤは、

イった後でぼんやりとしている私の顔を眺めながら、

ていねいに私の愛液で汚れた指をおしぼりでぬぐった。



すごく平然としたタクヤの顔を見ていると、

おまんこにバイブを咥えこんで、

あえぎ声をこらえて、

顔が真っ赤になっている私だけがすごくいやらしいような気がしてくる。



おまけにノーブラなので、

乳首が勃起すると、

薄いTシャツがそこだけぽっちりと盛り上がってしまう。



タクヤは手を伸ばして、

私の乳首をTシャツの上から軽くつまみながら、



「アイ、

すごくいやらしい顔してるよ。」



と小声でささやいた。



さっきクリトリスでイかせてもらったのに、

おまんこの中で動き続けるバイブともどかしいくらいにやさしく乳首をつまんでいるタクヤの指の動きのせいで、

もっと強い快楽がほしくてたまらなくなる。



でも、

それを伝えてしまったら、

どんな恥ずかしいことをされるかわからない。



私はいやらしいおねだりの言葉をなんとかこらえていたが、

タクヤの指が乳首からはなれていき、

バイブを弱にされてしまうと、

もう耐えられなかった。



「もう・・・我慢できないよ・・・ほしい・・・。」



タクヤにしかきこえない声でのおねだりは、

聞こえなかったフリでスルーされた。



私が前のめりになって、

もう少し大きな声でいおうと口を開いた瞬間、

おまんこの中のバイブが最強の強さで動き始めた。



今までより強烈なくねりと振動で、

ヴィーーーーンという低いモーター音が周りにきこえないかとどきどきする。



タクヤに話しかけようとしていた私の口からは、



「あっ・・・。」



というあえぎ声がもれてしまい、

若い男性がこっちを振り返るのがみえた。



もうこれ以上、

注目を集めないよう、

あえぎ声を必死でこらえているのに、

テーブルの下にあるタクヤの指は、

バイブのリモコンを最強にしたり止めたりして、

私のおまんこを責める。



「んん・・・。」



体をすくめて、

自分の口をおさえている女なんて、

かなりおかしかったのだろう。



男性の店員さんが近づいてきて、



「お客様、

ご気分がすぐれないのですか?冷たいお水でもお持ちしましょうか?」

と声をかけてきた。



タクヤが何もいってくれないので、

私はなんとか、



「大丈夫です。」



と答えた。



まだ若い感じの店員さんは、

けげんそうな表情をして私をみたけど、

すぐにいなくなってくれた。



ほっとしておまんこがゆるんだところで、

バイブを最強にされる。



「今の店員、

なんだかいやらしい目でアイを観察してたよ。バレちゃってるかもね。」



タクヤがのんびりとした口調でつぶやいたが、

返事をする余裕なんかない。



バイブを最強にされると、

おまんこの奥のいいところに先っちょがぶつかるのだ。



「お願い!もう外に出たい・・・。」



涙ぐみながら大きな声でいうと、

やっとタクヤは立ち上がった。



私も感じまくってふらつく体で、

よろよろと立ち上がり、

タクヤの腕につかまる。



スカートが短いので、

あんまり前かがみになると、

パンティがバイブで不自然に盛り上がっているのがバレてしまう。



会計を終えて店を出ると、

タクヤはファミレスの裏の人気のない方へと私を連れて行った。



おもむろにズボンのファスナーを開けて、

ものすごく勃起しているちんぽを取り出す。



タクヤも私のいやらしい姿をみて興奮していたんだなあと思うと、

おまんこの奥がますます疼いてしまった。



タクヤは私を後ろ向きにすると、

短いスカートをめくり上げて、

小さなパンティからはみだしているおしりをむきだしにした。



先走りでぬるぬるになっている亀頭で、

おしりをなでまわされると、

くすぐったさと気持ちよさで、

思わずのけぞってしまう。



タクヤは愛液でぐっちょりと湿っているパンティをぐいっとさげて、

おまんこが咥えこんでいるバイブを抜き取って、

上着のポケットにしまった。



ずっとバイブでかきまわされ続けていたおまんこは、

まだじーんとした振動を感じているような気がする。



タクヤがすばやくコンドームをつけたちんぽを後ろから入れた瞬間、

私はずっと待ち望んでいたものをおまんこの奥までずっぽり入れられた満足感で軽くイってしまった。



「ああ、

もうおまんこの中、

とろとろになってるね。」



「あっ・・・ああっ・・・あんっ・・・。」



タクヤのちんぽが動くたび、

私の口からはあえぎ声がもれてしまう。



「あんまり声だすと、

人が来ちゃうぞ。」



私の耳元で、

タクヤが注意するささやきさえも、

私を感じさせてしまう。



ファミレスの壁に手をついて、

片手で自分の口を押さえながら、

タクヤのちんぽの突き上げに身をゆだねているうちに、

ここが外だとか、

人に見られるかもとか、

みんなどうでもよくなって、

何度もイってしまった。



それからも、

タクヤとの野外露出プレイはエスカレートするばかり。




おわり



このサイトすごいですね!
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
『理想の彼氏』 試写会鑑賞

いきなり5年後・・・という設定は正直びっくりしたけど、ずっとノレなかったわりに、エンディングは良かったです。キャサリン・ゼタ=ジョーンズは見事な熟女っぷり。それに対してジャスティン・バーサーは正直イケメンでもないし役不足感があったんですが、ずっと観ていくうちに、わり(続きを読む)



私みたいな熟女でも出会えますか?

私みたいな熟女でも出会えますか?離婚をして寂しい毎日を過ごしています。別れたばかりの頃は1人の方が楽で幸せでしたが。何年も経つと人肌恋しくなるものですね。私みたいな熟女でも出会る所を教えて頂けないでしょうか。(続きを読む)


彼のもとへ、、、飛び込むべきでしょうか

い。と思ってきましたが、実際の所、主人は、ノーマルな人ではありませんでした。いわゆる、Mで、熟女が好き・・・。以前ネットの履歴で偶然見てしまい、その中で何人かの女性と関係があったようです。とても傷つき(続きを読む)



  1. 2009/12/07(月) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:1

 人前で放尿するなんて

出会い系で出会ったタクヤさんは、

スカトロっていうか、

放尿しているところをみるのが大好きっていう人だった。



人前で放尿するなんて、

子供の頃に野外でおしっこさせてもらった時くらいだし、

今まで放尿をみるのが好きな人がいるなんて考えたこともなかった。



タクヤさんは知的な感じの大人の男性で、

ロマンスグレーっていう表現がぴったりくるような紳士的な人だったから、

放尿しているところをみせてほしいっていわれて、

すごく驚いた。



でも、

ラブホテルに入るまでのタクヤさんとのデートがかなり気分がいいものだったし、

これからもお付き合いしていきたかったから、

恥ずかしいけどオッケーしてしまった。



「私はね、

アイちゃんのような清楚なお嬢さんが放尿しているところをみると、

ぞくぞくしてしまうんだ。」



ゆっくりと服を脱がされながら、

耳元に渋い声でささやかれると、

私までぞくぞくしてしまう。



手馴れた手つきでブラジャーやパンティまで脱がされて、

生まれたままの姿になった私は、

見た目以上に力のあるタクヤさんにお姫様だっこされて、

バスルームに連れて行かれた。



バスルームの床に一度おろされると、

今度は両足をM字に開脚するように抱えあげられて、

子供におしっこをさせるような体勢にされる。



バスルームのひんやりとした空気に、

丸出しになったおまんこをさらされて、

尿意がこみあげてくる。



タクヤさんが膝の下を抱えていた手を伸ばして、

指でおまんこのワレメをいじった。



明るいところで、

ぱっくりと開いたおまんこを指でいじられているのが私にもよくみえて、

恥ずかしくなる。



もっと恥ずかしいのは、

こんな体勢でおまんこをいじられているのがとても気持ちがいいっていうことだ。



「ほら、

放尿してごらん。おしっこ、

しーしー。」



まるで子供にいうように、

やさしい口調でいわれると、

力の入っていたおまんこからゆっくりと力が抜けていってしまう。



ちょろ・・・ちょろ・・・ジョロロロ・・・。



一度、

おしっこがこぼれだすと、

まるでダムが決壊するように、

一気におしっこが流れ出した。



放尿の開放感にうっとりして、

ぶるるっと体が震えてしまう。



タクヤさんははあはあと興奮したような荒い息を吐きながら、

私の放尿をみつめている。



おしっこ独特の匂いがバスルームにたちこめ、

私はここがどこなのかどうして放尿しているのか、

わからなくなりそうだった。



バスルームで男の人に抱えられて放尿しているなんて、

とても現実だとは思えない。



食事のときにとったワインがほどよくまわって、

体がふわふわして気持ちがいい。



いつのまにか、

私のおしっこは止まっていた。



タクヤさんは私をそのまま、

ベットに連れて行く。



おしっこがついたままのおまんこや内ももやおしりをタクヤさんが舌でぺろぺろと舐めて、

ていねいにキレイにしていく。



冷たい空気にさらされて冷えていた私のおまんこは、

タクヤさんの舌で温められて、

じんわりとした気持ちよさが広がった。



おしっこを全部舐めとったタクヤさんの舌は、

物足りなそうにしつこく私のワレメをなぞる。



初めはソフトに、

だんだん、

ワレメをえぐるように強く、

舌は私のワレメを上下にいったりきたりしている。



「アイちゃんの放尿シーン、

思った通り、

すごくよかったよ。」



タクヤさんは私に硬く勃起したちんぽを握らせた。



「放尿してうっとりしているアイちゃんに興奮して、

こんなに硬く勃起してしまった。」



赤黒いタクヤさんのちんぽは、

長くて、

太さも申し分なくて、

おまんこに入れたらすごく気持ちよさそう。



私は握らされた手を上下に動かして、

タクヤさんの勃起したちんぽをしごいた。



「清楚な顔をして、

意外と積極的だね。嬉しい誤算だ。」



タクヤさんは嬉しそうな顔をして、

私のおっぱいをなでながら、

私の手の愛撫に身をまかせている。



私は両手を使って、

サオから亀頭までまんべんなく、

なでまわした。



「気持ちいいよ・・・。そろそろ、

おまんこに入れさせてもらおうかな。」



タクヤさんは私のおまんこの前に戻り、

正常位で挿入をはじめた。



亀頭が膣口からゆっくりと入ってくると、

私の体が満たされるような充実感を感じる。



ちんぽを根元まで押し込まれると、

おまんこの中が隙間なくぴったりとふさがれたようなフィット感があった。



タクヤさんがちょっとちんぽを動かしただけで、

膣壁が全て動いているような強烈な刺激を感じる。



体の感覚の全部がおまんこに集中しているみたいなすごい快感。



私はひっきりなしにあえぎ声をあげながら、

腰を振っていた。



「いい声で鳴くねえ。おまんこの具合もとてもいいよ。」



タクヤさんは終始、

余裕の表情で、

途中でちんぽを動かすのを止めて、

私の体をなでてみたり、

乳首をつまんでみたりする。



ちんぽを動かすのを止められるだけで、

私はもどかしさで叫びだしたいほど物足りなくなり、



「もっと・・・もっとおちんぽ動かしてぇ・・・。」



はしたないおねだりを何度も繰り返した。



やがて、

小さな絶頂が私を包み、

一度、

イった後は、

何度も何度も大小の絶頂が私を襲った。



すっかり気持ちよくなってしまって、

ぐてぐてになっている私の体を好きなようにちんぽで突きまわして、

タクヤさんも絶頂を迎えたらしく、

おまんこからすばやくちんぽを抜いて、

私のおなかの上に、

精液をぶっかけた。



おなかの上に、

生温かい精液が広がり、

シーツへとこぼれていく。



私はイきすぎて疲れきっていて、

タクヤさんがティッシュでおなかの精液をぬぐってくれるまで、

何もできずにいた。



タクヤさんと会っているうちに、

私の中でも放尿と気持ちいいセックスがセットになってしまった。




おわり



このサイトすごいですね!
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
[日記]私立桜が丘高校軽音楽部日記

-------------------------------- ラジオお疲れ様でしたー。ピンポイントで移動中だったので聞けず…orz帰ってから掲示板を見て「ムギギ聞きたかったよう」ってなってました。あと自分の本棚もっと整理しようと思いました。みなさんの書痴(続きを読む)



友達募集の掲示板に書き込みをして 自称23才の女からメール着ました。

友達募集の掲示板に書き込みをして 自称23才の女からメール着ました。そして数回メールのやり取りして 向こうから食事を誘ってきましたが 「まだ早い」と俺は断りました。そしたら以下のメールが着ました。そして無視してたらさらに以下のメールが着ました。 うざいです。 どうしたらいいですか?●うん、凄い楽しみにしています、約束だからねっ♪二人で楽しく過ごせたら幸せだなぁ〜o(゜ー゜*o)(o*゜ー゜)oワクワク ただ、会う時って外でも連絡できるようにしておかないといけないと思うんだぁ(^-^;それでこれhttp://xxxxxxxxxxxxxxxxxxxこれ私のHPなんデスけどそこに私にメールするところがあるからそこから空メールしてくれたら大丈夫デス☆直ぐにお返事くるからそこに登録してくれれば私「ももこ」で登録しているので連絡下さいネ♪私こういう交換掲示板とか出会ぃ系とか使ってたんデスけど携帯の連絡先を教ぇる時とか、連絡用に使ってるんです♪前に不正アクセスされた事もあって、それからはフリーメール怖くてずっと使いたくないんです(ノ_`。)もうこれからは携帯で連絡取るわけだしこのアドレスもう必要ないし削除しちゃいますネ。連絡来たらすぐに携帯のアドレス教えるので「ももこ」で掲示板で待ってますo((*・ω・*))o●連絡こないからどうしたかと思っちゃった!あそこって変なとこじゃないし!ただ会うまでスムーズに連絡取りたかっただけなのに。。。ここまで来たら確実に会いたいし!!だからお願いで〜す。(続きを読む)


掲示板で出会った人

出会った人の話しなんです。そういうところに行くようになって半年ぐらいたったときに出会った24歳の男の人と話しが合い、エッチな掲示板から普通の掲示板に移り一年くらい掲示板で話しました。エッチな掲示板で出会(続きを読む)



  1. 2009/12/02(水) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

 放尿をしているところ

出会い系で出会ったタクヤは、

かなりおっさんくさかった。



年齢的には私といくつも変わらないのに、

妙に落ち着いているっていうかあんまりファッションにこだわらないっていうか。



私がそんなタクヤとラブホテルに行ったのは、

私の目的がセックスじゃないからだ。



ていうか、

セックスは二の次だったのだ。



ラブホテルに入ると、

私は自分で服を全部脱いだ。



タクヤに脱がされたりするのがイヤだったから。



タクヤが服を脱ぎ終わるのを待って、

私はバスルームに向う。



トイレでもいいけど、

私はどっちかというとバスルームの方が興奮する。



タクヤの目の前で、

バスルームの洗い場のところにしゃがんで、

おまんこが丸見えになるように足を開く。



でも、

私が見せたいのは、

おまんこじゃない。



私が見せたいと思っているのは、

放尿だ。



放尿をしているところを見られると、

すごく興奮して気持ちがいいって気がついたのは、

最近のことだった。



トイレがなくて外で放尿しているところを知らないおじさんに目撃されていたのだ。



見られているのに気がついたけど、

放尿はもう止められなくて、

どうしようってあせっているうちに、

気持ちよさがこみあげてきた。



あれ?

私、

放尿みられて、

気持ちよくなってる?

気がついたときには、

体に電流が走っていた。



放尿をみられるあの気持ちよさは、

ちょっと忘れられないくらいだった。



自分の奇妙な性癖に気づいても、

彼氏にはいえなかった。



変態って思われて、

嫌われるのが怖かったから。



だから、

放尿をみてくれる人を出会い系で探した。



放尿をみてくれるなら、

セックスにつきあってもいいって思った。



浮気だけど、

彼氏だってたまに浮気してるし。



想像していた通り、

これから放尿をみられるっていうだけで、

体が熱くなるほど興奮してくる。



「これから、

放尿するから。」



私がいうと、

マジメな顔をしたタクヤがこくりと頷いた。



おまんこにこめていた力を抜くと、

ジョロロロロというおしっこの音がする。



放尿の開放感と快楽に、

私の体は包まれていて、

うっとりとしてしまう。



タクヤが急に、

私のおまんこの下に顔を出した。



放尿は終わりかけていたけど、

ちょろちょろと流れていたおしっこがタクヤの顔にかかる。



タクヤは顔を流れるおしっこのしずくを舌でぺろりと舐めた。



私はタクヤの顔におしっこをかけたことで、

放尿の新たな快感に目覚めた。



人におしっこをかけるのって、

気持ちいい。



もっとしたかったけど、

もう膀胱にはおしっこが残っていない。



私たちはシャワーを浴び、

軽くセックスすることにした。



私におしっこをかけられて興奮していたタクヤのちんぽは、

彼氏より大きくて、

ちょっとおまんこに入るかどうか心配になる。



タクヤはおまんこにしか興味がないみたいで、

おっぱいにはノータッチだ。



しつこくしつこくおまんこをクンニしている。



彼氏があまりクンニしてくれないから、

クンニの気持ちよさがとても新鮮。



たっぷり舌でおまんこやクリトリスを舐められて、

愛液がたくさん出たところで、

ちんぽを入れられると、

とろけるように気持ちいい。



彼とのセックスより全然よかった。



大きいタクヤのちんぽはすごく奥まで届いて、

私のおまんこのいいところを何度もこすっている。



だんだん、

気持ちよさが大きくなってきて、

あえぎ声をあげながら、

タクヤの背中にぎゅっとしがみついた。



「あっ!ああっ!・・・気持ちいい・・・。」



タクヤはそんなに表情も変わってなくて、

まだまだ余裕って感じ。



私は自分だけあえいでいるのが悔しかったけど、

気持ちよさが切れ間なく襲ってくるので、

ついにイってしまった。



体の中を電流みたいな快感が駆け抜けて、

反動でぐったりとしてしまう。



力が抜けて、

人形みたいになった私の体をタクヤが好きなように動かして、

自分の気持ちいいように体位を変えた。



正常位から横バックになると、

ちんぽがおまんこの別のところにあたって、

さっきとは違う気持ちよさがある。



すぐにまたイきそうになってきてしまった。



いつものセックスでは、

一回イければいい方なのに。



タクヤは私をうつぶせにして、

おしりだけ持ち上げたかっこうでバックからちんぽを再挿入した。



さっき以上に強くおまんこのいいところがこすられて、

嬌声が止まらない。



「あぅんっ!イイっ!気持ちいいよぉ・・・。」



まるで犬のようなかっこうで、

バックからがんがんちんぽを突き当てられると、

もう快感を追うことしかできない。



タクヤがおまんこの中に射精したのと同時に、

私もさっきより深くイってしまった。



おまんこがびくびくと痙攣しているのがよくわかる。



セックスの後の水分補給をしていたら、

またおしっこしたくなった。



トイレに行こうと立ち上がると、

タクヤがついてきて、

私をバスルームに押し込んだ。



私がしゃがむと、

タクヤは私のおまんこにくっつけるように顔を近づけた。



私が放尿するのを待っているタクヤの表情は、

セックスしているときよりも興奮しているみたいで、

タクヤも私と同じように放尿で興奮する人なんだってわかった。



思い切ってタクヤの顔に放尿する。



そんなに勢いはないけど、

普通の人なら確実に顔を背けそうなおしっこを喜んで顔に浴びているタクヤは、

恍惚とした表情をしていて、

私もなんだかますます興奮してきた。



放尿を終えたときには、

私のおまんこはまた濡れていて、

タクヤのちんぽも勃起していた。



私たちはおしっこを洗いもしないで、

そのままセックスに突入した。



あんまりヤりすぎて、

次の日、

おまんこがひりひりしたけど、

彼氏以上に気持ちいいセックスにハマってしまいそうで、

トイレで放尿するたびに思い出して、

どきどきした。




おわり



一回だけのつもりだったけど
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
アニマルコミュニケーションのご感想をいただきました♪

に彼が考えていてくれたなんて本当にびっくりです。そして嬉しくて涙が出ました。初めて犬を飼うことになって、Rと出会って、 今では彼がいなかったら私どうなってたんだろう・・・ というぐらい、私にとってはなくてはならない存在(続きを読む)



出会系サイトで登録無料に登録して失敗談を教えてくだしい。主催者にどれだけお金....

出会系サイトで登録無料に登録して失敗談を教えてくだしい。主催者にどれだけお金をつぎ込んだか教えて下さい。出会系サイトで登録無料と書いていたので登録だけでもと思い途中までは入力してメモかコメント欄でエラーが出たのでやめたのですけれどその後5分も経たない内に10通位立てずけ来たのでビックリ、メールの文章の下に銀行振込の欄がありこれはお金がいるなと思い無視しています。完全に登録した方内容や失敗談を教えて下さい。一晩付き合って下されば50万やるからと書いてあるけどそんな馬鹿げた話は絶対ないと思っている。2,3万ならだまされるかもしれないけれど、地方の登録者が人口が少ないのにあまりも多いので信用できない。(続きを読む)


出会い系について

金銭をわたす関係なのか?(できれば金銭をわたす様な事はしたくないです)出会い系の経験のある方、また実際に女性に出会った事のある方、教えていただけないでしょうか?できれば、完全無料でお勧めのサイト等がお(続きを読む)



  1. 2009/11/29(日) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:4 |
  4. コメント:0

 挫折しそうになっていた

出会い系で彼氏を探したいと思っていた私は、

一ヶ月もしないうちに、

挫折しそうになっていた。



なにしろ、

一度書き込むとやたらとたくさんのメールがくるのだ。



そのほとんどがヤりたいだけっていうのがみえみえの内容で。



中には、

こんなメールに返信するような女がいると思ってんのかっていいたくなるようないやらしいメール。



「俺の肉棒で、

アイちゃんのおまんこをぐちゅぐちゅにかきまわしてあげるよ。絶対にイかせてあげるから。」



私は別に、

イったことないからイってみたいとか、

セックスしたいとか書いた覚えはない。



友達が出会い系でイケメンゲットしたって自慢していたから、

トライしてみたけど、

ストレスばかりがたまるみたいで、

私はうんざりしていた。



三回目の書き込みで、

普通の男の人っぽい返信をもらったときには、

逆にびっくりしたくらいだった。



私はプロフィールの趣味のところに、

好きな作家として、

東野圭吾って書いていたんだけど、

それについてもコメントしてあって、

ちゃんと見てくれてるんだって嬉しくなった。



「東野圭吾っていえば、

最近、

『探偵ガリレオ』がドラマ化されましたが、

湯川助教授役が福山雅治で、

草薙刑事の役を柴崎コウっていう配役には、

思わず、

『名探偵の掟』のドラマ化を茶化した短編を思い出してしまいました。」



っていうのに、

同感だったし。



この男性は私に興味をもってくれていて、

しかも、

同じ作家が好きだっていうのが、

彼氏を探していた私にとってはかなりの高ポイントだったのだ。



私とタクヤさんは、

本の話題を中心にかなり盛り上がったメール交換を繰り返した。



私はタクヤさんからのメールが楽しみになり、

会ったことのないタクヤさんに、

誰にもいえなかったような悩みを打ち明けてしまったりした。



イケメンをゲットしたと私に自慢した友達には、



「早く会わないと、

会って好みじゃなかったときに、

ダメージでかいよ。」



って忠告されたけど。



写メの交換ではお互いに割と好みのルックスだったし、

実際に会って幻滅するなんてありえないと思ってた。



仕事が忙しいっていうタクヤさんと、

ようやくスケジュールを合わせられて会えたのは、

メール交換をはじめて三ヶ月が経った頃だった。



タクヤさんは、

イメージどおりの優しくて誠実そうな人で、

私はタクヤさんが彼氏になってくれたらって思っていた。



なかなか会うことのできないタクヤさんだから、

ラブホテルに誘われたときにも、

そんなに抵抗はなかった。



メール交換で十分、

タクヤさんのことを知ったつもりになってたから。



タクヤさんはベットでもやさしかった。



キスも上手くて、

キスしながら、

おっぱいを愛撫されるのがすごく気持ちよくて、

自分でブラジャーをはずしてしまった。



ブラジャーをずらされた状態で愛撫されるより、

ブラジャーをはずした方が、

より自由に気持ちよさを味わえるから。



タクヤさんの舌が私の舌に絡みついて、

タクヤさんの指が私の乳首を何度もこねる。



たっぷりとよだれのついた舌で乳首をしゃぶられると、

体が震えてしまうくらいぞくぞくした。



タクヤさんの肩につかまって、

乳首の気持ちよさに意識を集中していると、

彼氏がいなくて、

もてあましていた性欲が一気に湧き出てくるようだった。



「ねえ・・・早く・・・脱がせて。」



本当は早くちんぽをおまんこに入れてっていいたい気分だったけど、

さすがにはしたないから、

いえなかった。



パンティを脱がされると、

もうぬっちょりとした愛液がパンティにつくくらいあふれていて、

立ったままおまんこを舐められていると、

太ももががくがくとしてつらかった。



ベットに押し倒されて、

膣壁を指でこすられて、

私はあられもないあえぎ声をあげて、

よがってしまった。



「アイちゃん、

かわいい・・・。」



タクヤさんのちんぽがゆっくりと入ってきて、

私の膣壁をこすった。



正常位で、

こんなに感じるのははじめてで、

私はちょっとびっくりした。



足を大きく広げられて、

結合部が丸見えだと思うと、

羞恥で顔が赤くなる。



ぐちゅ・・・ぐちゅ・・・と私のおまんこがタクヤさんのちんぽを咥えこんでいる音がいやらしい。



気持ちいい・・・タクヤさんがちんぽを出し入れする気持ちよさに浸っていた私は、

徐々に尿意を感じ始めた。



食事のときに、

お酒を飲みすぎてしまったらしい。



でも、

いまさらおしっこしたいなんていえない。



気持ちいい・・・でも、

おしっこしたい・・・。



私はついに我慢しきれなくなって、

タクヤさんに打ち明けた。



「ごめんなさい・・・ちょっとおしっこしたいの・・・。」



タクヤさんは嬉しそうに、



「それは潮吹きの前兆じゃない?放尿しちゃってもいいから、

続けよう。」



ますます激しくちんぽでおまんこを突かれて、

私は尿意を我慢しきれなくなった。



「いやっ・・・お願い・・・トイレにいかせて・・・。」



放尿の瞬間、

私は開放感と気持ちよさでイってしまった。



ショワショワショワ・・・という放尿の音と湯気と匂い。



私は快感の後に我に返り、

放尿してしまったというショックで真っ青になった。



「なんか、

潮吹きとは違ったみたいだけど、

放尿プレイっぽくてよかったよ。」



タクヤさんは、

私の放尿をそれほど気にしてないみたいだったけど、

私は人前で放尿してしまったことがショックで、

立ち直れなかった。



その後、

タクヤさんからメールをもらう度に、

放尿のことを思い出すので、

返事を返すのが遅くなったりして、

私達は自然消滅してしまった。



あの放尿がなければ、

とか、

放尿を気にしないだけの度胸があればって思うけど、

いまさらどうしようもない。




おわり



このサイトすごいですね!
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
aloha♪〓本領発揮篇

ラッキーな大混雑 だったと言わざるをえません。前々から公言しているように、 「キレイな人妻」 、 「微熟女」 が大好きな私。とはいえ、日常の生活で、滅多に出会うことはありません。ましてや、 悩殺水着スタイル なんて見れるわけもない。。。が、見れ(続きを読む)



yahooメールを使っているのですが、最近迷惑メールフィルタからもれるメールで困っ...

yahooメールを使っているのですが、最近迷惑メールフィルタからもれるメールで困っています「フィルターと受信通知設定」を使って振り分けをしたいと思っているのですが、うまくいかない点が出てきました。本文に「出会」とか「人妻」とかの言葉を「含む」場合「ゴミ箱」に移動と言う設定をしているのですが、含んでいるにも関わらず、なぜかうまく振り分けされません。どなたか理由をご存知の方教えていただけないでしょうか。何卒よろしくお願い致します。(続きを読む)


人妻さんと出会いたい

29才彼女と同棲中のモノです。フリーライターしてて、不景気の影響か平日の昼間はけっこう暇してます。彼女も昼間働いてるし、情事のチャンスかと思ってるんですが、中々そういう出会いって難しいですね。。。誰かアドバイス&(続きを読む)



  1. 2009/11/24(火) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

 びくりと体を震わせた

出会い系で出会ったタクヤは、

根暗な童貞だった。



私の顔をまともにみることもできずに、

ぼそぼそと何かつぶやいている。



熟女で美脚のお姉さまに、

やさしく童貞をうばってほしいとか、

熟れたおまんこに童貞ちんぽを突き刺してたくさん中出ししたいとか、

メールで散々いやらしい妄想を送りつけてきたのがウソのようなおとなしさだ。



私がタクヤの手を握ると、

タクヤはびくりと体を震わせた。



「それで、

童貞をうばわれる相手は私でいいのかしら?」

顔を覗き込むようにみつめると、

固まったタクヤはこくりと頷いた。



ま、

当然といえば、

当然だけど。



私はセレブな人妻で、

飲みに行けばナンパもされるお金がかかった美人だ。



普通ならこんな童貞クンには、

声をかけるっていう発想も湧かないほどの美熟女なんだから。



私はタクヤの手を離すと立ち上がり、

足早にエレベーターに向った。



タクヤはあわてたように、

私の後を追ってくる。



いくら普段使わないようなシティホテルのロビーとはいえ、

人目につかないにこしたことはない。



予約しておいた部屋で二人きりになると、

私はタクヤの首に腕をまわし、

キスしそうなくらいの近さに顔をよせた。



「まずは、

いっしょにお風呂に入りましょうか。」



私がストリップのように、

ゆっくりと服を脱いでいくと、

タクヤもいそいそと裸になる。



バスタブにお湯をためている間に、

ちょっと遊んでやることにした。



バスタブのふちに腰かけさせ、

恥ずかしそうに股間を隠している手をよけさせる。



すでに勃起しているちんぽは、

意外と大きくてちゃんとムケていた。



少なくとも包茎で、

チンカスがチーズのようにこびりついているというマナーの悪い童貞ではなかったようだ。



童貞喰いは、

私の趣味だけど、

包茎ちんぽはあまり好きではない。



包茎のちんぽは不潔になりがちだし、

ほとんど例外なく早漏だから。



私は、

ちょっと機嫌がよくなり、

早くも先走りをこぼしているちんぽを軽くなでた。



「あっ!」

たったそれだけの刺激で、

体をのけぞらせたタクヤから少しはなれて、

私は一糸まとわぬ裸体を惜しげもなくみせびらかした。



巨乳といってもいいくらいの大きなおっぱい。



ムダな贅肉のついていないウエストライン。



すらりとのびた美脚。



今はインターネットでいくらでも無修正画像がみられるだろうけど、

手を伸ばせば届く近さにある裸体は童貞クンには、

はじめての経験だろう。



ごくりとつばを飲み込んだタクヤは、

おずおずと私に手を伸ばそうとした。



その手に押し付けるように、

ぷるんとしたおっぱいを突き出す。



タクヤの指がおっぱいの柔らかさを味わうように、

ゆっくりと動いた。



童貞クンにありがちな力任せのところがない分、

ぎこちない愛撫が心地いい。



タクヤの両手はゆっくりと私を抱き寄せ、

まるで赤ん坊のように乳首をしゃぶった。



ちゅっちゅっと無心に乳首を吸われていると、

なんだかタクヤが愛おしいようなヘンな気持ちになる。



吸われている乳首も、

指でいじられている反対の乳首も、

ぴんと硬く尖っていて、

じわじわと気持ちがよくなってくる。



私は手を伸ばして、

先走りがあふれすぎてぬるぬるになっているタクヤのちんぽをさわった。



「ん・・・ふ・・・。」



乳首をしゃぶっているタクヤの口から、

くぐもったあえぎ声がきこえてくる。



若いだけあって、

おなかにつくくらいに反り返ったちんぽは、

どくんどくんと脈打っていて、

溜まりに溜まった精液の放出を求めているようだ。



「お湯がたまったみたいだから、

入りましょ。」



先にタクヤをバスタブに浸からせ、

足の間に座るように、

私も裸体を沈めた。



すぐに後ろから、

タクヤの手が伸びてきて、

おっぱいをもみはじめる。



おしりには、

勃起したちんぽがあたっていて、

くすぐったい。



耳元ではあはあというタクヤの荒い息がきこえてきて、

タクヤの興奮が伝わってくる。



乳首をつまんでいた指が離れて、

ウエストをたどり、

おまんこへと伸びてきた。



私はゆるく足を開いて、

タクヤの指を受け入れる。



お湯の中でも、

私の愛液がぬるついているのがわかってしまうだろう。



久しぶりのセックスに、

私も待ちきれない気持ちだった。



タクヤの指がぎこちなく、

さぐるように、

私のワレメをなぞっている。



クリトリスをかすめ、

ようやく膣口を探し当てて、

ぐりぐりと押し入ろうとして、

指先が動く。



根元まで指をおまんこに入れると、

満足そうにタクヤがため息をついた。



耳にかかるその息が私をぞくぞくとさせ、

おまんこに入っている指をきゅうっとしめつけてしまう。



「もうアイさんのおまんこにちんぽ入れたいよ・・・。」



タクヤが切なそうに耳元でささやくので、

私たちは体を拭いて、

ベットで重なった。



ちんぽを挿入する前に、

指でおまんこをなぞったタクヤは、



「もうちょっと濡れてないと、

痛いよね。」



といいながら、

おまんこをクンニした。



よだれたっぷりの舌でべろべろと犬のように舐められて、

愛液とよだれでおまんこをべちゃべちゃにした私は、

タクヤの童貞ちんぽを挿入されて、

不覚にもあえいでしまった。



「ああっ!すごい!おまんこって、

気持ちいい!」

タクヤは嬉しそうにおまんこがちんぽを咥えこんでいる結合部をみつめている。



「すごい・・・アイさんのおまんこ、

俺のちんぽをおいしそうにしゃぶってる・・・。」



タクヤがちんぽを入れたきり動かないので、

私のおまんこはひくひくと物欲しそうに蠢いている。



「我慢できないから、

ちんぽ動かすよ。」



一度、

ちんぽを動かしだすと、

童貞だけあって、

タクヤはあっという間に射精した。



中出しされた精液がおまんこからあふれて、

シーツにたれていく。



愛液と中出しした精液をぐちゅぐちゅいわせながら、

タクヤがちんぽを動かしているうちに、

若いちんぽはすぐにまた回復してしまった。



私はタクヤの妄想どおり、

何度も中出しされながら、

久々にいい童貞にめぐり会えた悦びで体を震わせていた。




おわり



このサイトすごいですね!
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
  1. 2009/11/13(金) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:1

 中出しをされても別れられない

出会い系で出会ったタクヤは、

かなりの自己中男だ。



まず、

どんなにいっても、

コンドームをしてくれないし、

すぐに中出しする。



他の男には絶対に許さない中出しをされても別れられないのは、

タクヤに惚れているからだ。



私の弱みにつけこんで、

平気で中出しするタクヤのことを最低男だと思う。



でも、

タクヤとのセックスはいつも最高に気持ちよくて、

タクヤ以外とセックスしても、

もう満足できないので、

最近の私はピルを飲み始めた。



産婦人科に行くのは恥ずかしいし、

めんどくさい。



ほとんど毎日、

ピルを飲み続けるのも、

しんどい。



それに、

ピルには太りやすくなるとか、

セルライトができやすくなるとか、

いろいろな副作用があるのだ。



そこまでしても、

避妊率はコンドームより低い。



タクヤに中出しされた精液をおまんこからかきだしているとき、

私はいつも悲しさと不安を感じる。



時々、

能天気なタクヤが憎らしくなることもある。



だって、

タクヤはどんなに中出ししても、

自分は妊娠しなくて済むもの。



今日のタクヤは、

ミニスカートタイプのチャイナドレスを私に着せた。



真っ赤なチャイナドレスは、

ちょっときつめで、

おっぱいのところが苦しい。



「かわいいよ!やっぱり、

アイは何着ても似合うな。」



タクヤのかわいいは、

エロいという意味だ。



そうわかっていても、

タクヤにぎゅっと抱きしめられながら、

かわいいと連呼されると、

つい嬉しくなってしまう。



ブラジャーをしていないおっぱいをチャイナドレスごしにもまれて、

舌を絡めあっていると、

体に力が入らなくなってくる。



タクヤは物足りなくなってきたのか、

チャイナドレスの布でできたボタンのところをどんどんはずして、

おっぱいを丸出しにする。



直接タクヤの手がおっぱいにふれると、

タクヤの大きな男らしい手に包まれた私のおっぱいは、

タクヤの好きな形に変えられてしまう。



両手でよせられて、

真ん中に集まった乳首を交互にしゃぶられたり、

左右に首をふられて、

唇と鼻で両方のおっぱいをこすられたり。



乳首をつまんだり、

舐めたりして、

さんざんおっぱいをもてあそんだあとは、

私を四つんばいにさせて、

後ろから、

チャイナドレスのミニスカートをぺろりとまくりあげる。



白いパンティは愛液のシミが股間にできていて、

指でシミをぐりぐりとなぞられると、

おまんこのワレメの形にへこんでしまう。



さらに、

膣口をえぐるように、

強引に指をつっこまれて、

パンティがはりついてしまったおまんこはなんだか気持ち悪い。



早く脱がせて欲しいのに、

鼻でぐりぐりとワレメをなぞってみたり、

クリトリスを指でいじっていたり、

脱がせてくれる気配がない。



「もう・・・パンティ脱がせてよ・・・。」



仕方がないので、

タクヤのほうを振り返って、

お願いした。



「もうアイはせっかちさんだな。この淫乱娘!」

タクヤは嬉しそうに私のパンティを脱がす。



愛液でじっとりと濡れていたパンティがなくなって、

すっきりしたが、

今度は私のおまんこをじっとみているだけで、

何もしてくれない。



「何してるの?放置プレイ?」

待ちきれなくなった私がきくと、

タクヤはのんきな声で、



「いや、

アイのおまんこさあ、

何もしなくても、

ぴくっぴくって動くから、

面白くて。」



ああ、

なんでこんな男とのセックスじゃないと満足できない体なんだろう。



何かの呪いなんだろうか。



私が呆れていると、

いきなり、

タクヤの舌が私のおまんこをべろりと舐めた。



「ひゃっ!ちょ・・・いきなり・・・。」



飛び上がりそうになった私のひざの裏を両手でおさえて、

逃げられないようにして、

タクヤはまるで犬のようにべろんべろんとおまんこのワレメを舐めまくっている。



「やっ!もう・・・いやあっ!」

放置プレイのあと、

強烈に快感を与えられて、

私は腕で体を支えているのもつらくなり、

ぺたんと床に顔をついてしまう。



「あ、

すごくえっちぃ格好だね。おまんこ舐めて、

みたいな。」



確かにおしりだけを突き出して、

足を開かされている格好はおまんこを舐めてもらいたいみたいにみえる。



でももう、

何もいい返せない。



気持ちよくて、

それどころじゃない。



クリトリスから、

ワレメ、

アナルまでよだれと愛液でびちゃびちゃになって、

床にしたたるくらいにあふれている。



快感でぼんやりしている私のおまんこに、

ぶっといタクヤの指が入れられる。



おまんこに一本、

アナルに一本、

ごつい指を入れられて、

薄い皮一枚隔てたところあるのを確認するように、

中でこすり合わされる。



ぐちゅっぐちゅっといやらしい音と私のあえぎ声しか、

きこえない。



「もう・・・イく・・・。」



アナルとおまんこを指でほじくられ、

クリトリスをしゃぶられて、

私はイってしまった。



ひくついているおまんこから、

指が抜けていって、

すぐにタクヤのちんぽが入れられる。



めりめりと私のおまんこを切り裂くように、

ぶっといちんぽが入ってくると、

いつも呼吸ができないくらいの圧迫感を感じる。



奥まで入ったところで、

はあっと息を吐くと、

のどのところまでちんぽが入り込んでいるような錯覚を覚えるほどだ。



「あいかわらず、

アイのおまんこ、

キツいねえ!」

あんたのちんぽがでかいんじゃ!といいたいけど、

腰を少しでも動かされると、

そんな余裕はなくなる。



私の体はおまんこしかなくなってしまったんじゃないかと思うくらいに、

強烈な快感が体中に広がって、

私はちんぽを引かれるときのいっしょに連れて行かれるような感覚と押し入れられるときの突き破られるんじゃないかという感覚を追うだけになる。



スムーズに出し入れができるようになったところで、

後ろからおっぱいをわしづかみにされ、

乳首を指でなぶられる。



「今日もアイのおまんこの中に、

濃い精液、

いっぱい中出ししてやるからな。」



私の耳元でささやいたタクヤに、

おまんこの最奥までちんぽを突きこまれ、

勢いよく精液を射精された。



不覚にもイってしまった私は、

タクヤに耳のそばで、

はあはあと荒い息を吐かれるたびに、

ぞくぞくと震えてしまう。



「あー、

もうそんなしめつけても、

もうしばらくでないよ。」



「もう!また中出しして・・・できちゃったらどうしてくれんのよ!」

あまりに満足そうなタクヤに、

思わずキレると、

タクヤはあっさりと、



「できちゃったら、

結婚じゃない?俺達愛し合ってるんだし。」



とのたまわった。



そういわれると、

現金な私はタクヤがちんぽを抜いたあとのおまんこから、

こぼれつつある精子ももったいないような気がしてしまうのだった。




おわり



一回だけのつもりだったけど
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
「大回り乗車」で節約近畿旅行

ます。泳ぎに行ったり、ミカン採りに行ったりするための電車です。特急スーパーはくと HOT700系。鳥取の方までいきます。兵庫 H yogo、岡山 O kayama、鳥取 T ottori、ゆえにHOTです。実は車輌を保有しているのはJRではなく、第三セクターの智頭急行です。(続きを読む)



運命の赤い糸って本当にあるのでしょうか???(ノ_・、)シクシク

運命の赤い糸って本当にあるのでしょうか???(ノ_・、)シクシク(続きを読む)


焼津の半治が出ていた時代劇の題名を教えてください

数年前、お昼の時代劇アワーのような番組で毎日‘焼津の半治"が出ている時代劇を見ていました。多分かなり古い時代劇です。半治は、強くて男前の主人公にいつもひっついているキャラクターだったのですが、番組名も主人公の名前も覚えていませ(続きを読む)



  1. 2008/12/14(日) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:11

 きゃしゃでかわいらしいタイプ

出会い系で出会ったタクヤは、

女の子みたいにきゃしゃでかわいらしいタイプだった。



いわゆるジャニ系っていうか、

年下系?

私は男らしいタイプが苦手で、

中性的っていうか、

レズっぽいくらいがよかったから、

タクヤはものすごくタイプだった。



だから、

ついタクヤの甘えたような態度に油断して、



「僕の好きなようにさせてくれる?」

ていうおねだりにも、

いいよっていっちゃったんだ。



タクヤは私のストッキングで、

私の両手をベットに縛りつけた。



ちょっと驚いたけど、

拘束されたっていっても、

ストッキングだし、

拘束ごっこくらいだろうって、

されるままになってた。



両手が動かせない拘束されてる感じに、

むしろ、

興奮しちゃったりして。



タクヤは小さなボストンバックから、

犬につけるような首輪を取り出した。



何が入ってるのか不思議に思っていたけど、

まさかこんな拘束具が入っているなんて。



首輪をされた私は、

拘束させたことをちょっと後悔しはじめていた。



ストッキングの上から、

腕にもしっかりとした拘束具をつけられる。



手枷の代わりにストッキングをはずされたけど、

拘束ごっこがより本格的な拘束プレイになっただけだった。



タクヤは私の脚をM字に開脚させて、

右足首と右手首、

左足首と左手首を拘束して蛙みたいなかっこうにさせた。



「タクヤくん・・・こんなかっこう恥ずかしいよ・・・。」



「うん。すごくはしたないよね。拘束されて、

おまんこからこんなに愛液たらしてるなんてさ・・・。」



タクヤは小悪魔みたいな笑みで、

私のおまんこのワレメを何度も指でなぞった。



気持ちがいい・・・でも、

恥ずかしい。



拘束されて、

こんなに濡れているなんて。



「おっぱいもまださわってないのに、

こんなに乳首が硬いよ。」



指先でころがすように乳首をさわっている手つきで、

実はタクヤがかなり女慣れしていることがわかったけど、

こんなにしっかり拘束されていたら抵抗する余地なんてない。



「アイさん、

拘束プレイ、

好きみたいだね。」



もうぬるぬるになっているおまんこに、

指を入れられて、

あえぎ声が止まらなくなる。



「あふっ・・・くうっ・・・あんっ!・・・ひぃんっ・・・。」



タクヤの細い指が的確にGスポットをこすりあげ、

私は嬌声をあげてよがり続けた。



「ノリがいいね。イきそう?」

おまんこの中をこすられながら、

乳首をいじられて、

私はあっけなくイってしまった。



私のおまんこの中から指を抜くと、

タクヤは勃起したちんぽを私の口に突きつけた。



「今度は僕を気持ちよくさせてよ。」



私はタクヤのちんぽに舌をはわせて、

精一杯フェラチオした。



手を拘束されてしまっているから、

舌と口しか使うことができない。



「拘束したままで、

フェラチオしてもらうのって、

燃えるよね。」



タクヤは自分でちんぽの根元を支えて、

私の口の中にちんぽを押し込んだ。



ぐうっと思わず、

吐き出したくなるのをなんとか堪える。



「アイさんのフェラチオ顔、

すっごくエロいよ。」



タクヤは嬉しそうに私の顔をなでながら、

ちんぽを容赦なく動かす。



フェラチオっていうより、

イマラチオになりつつあるけど、

手を拘束されているから、

どうしようもない。



足も拘束されているから、

ほとんど動けないし。



「ぐ・・・むぐ・・・うっ・・・。」



ちんぽでのどの奥を突かれないように、

舌でガードしながら、

タクヤの亀頭を舐める。



「アイさん、

フェラチオ上手いね。もうイきそうだから、

離して。」



まるで私がフェラチオしたくてたまらないみたいないい方はやめてほしいって思うけど、

やっと自由になった口で空気を吸うのに忙しくて何もいえない。



「どうせなら、

口内発射より、

膣内発射の方がいいもんね。」



おまんこをなぞるタクヤの指に、

さっきまでの快感が呼び戻される。



「膣内発射って・・・中出し?ダメだよ・・・ちゃんと、

コンドームつけて!」

「好きなようにさせてくれるっていう約束でしょ。」



私の体を拘束したのは、

中出ししたかったからなのか、

と私は絶望的な気持ちになった。



ずず・・・と生のままのちんぽがおまんこに入れられる。



「イヤ!ダメぇ・・・。抜いて・・・。」



私の懇願を無視して、

タクヤのちんぽはどんどんおまんこの奥に入ってくる。



「アイさん、

名器じゃない?おまんこ、

超気持ちいいよ。」



タクヤは気持ちよさそうな表情で、

私のおまんこに挿入を続ける。



ついに、

根元までちんぽを入れられた。



「おまんこの中、

とろとろでぐちゅぐちゅだ・・・マジでイイよ。」



タクヤはゆっくりとちんぽを動かし始めた。



今までコンドームごしのセックスしか経験したことがない私にとっては、

ゴムのしっかりとした感触がない分、

なんだか物足りない。



「ヤバイ・・・気持ちよすぎて、

すぐ出そう・・・。」



タクヤの興奮に比例するように、

私の気持ちは冷めていった。



あんなに好みで、

セックスしてみたいって思ったタクヤなのに、

ただの子供に思える。



「もう・・・イく・・・。」



タクヤは宣言どおり、

拘束されて動けない私のおまんこの中に中出しした。



タクヤのちんぽが抜けていくと、

どろりと精液が流れ落ちて、

気持ち悪かった。



「ごめん。俺だけ勝手にイっちゃった。」



謝るなら中出しを謝ってほしいのに、

照れくさそうなタクヤはもう一度、

ちんぽをおまんこに入れようとした。



こんな短時間で再勃起したことにも驚くけど、

まだヤるつもりだっていうのにもびっくりしてしまう。



「もう拘束しなくてもいいでしょ。この拘束具はずして。」



タクヤは私のいうことなんて少しも聞かず、

また自分勝手に腰を振りはじめた。



私はすっかりしらけながら、

早くタクヤが射精し終わって、

私の拘束具をはずしてくれるのを願っていた。



別れた後、

妙に私を気に入ったらしいタクヤから、

何度もメールをもらったけど、

ずっとシカトし続けた。



拘束までだったら許せたけど、

拒否ってるのに中出しはないよね。




おわり



このサイトすごいですね!
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
[TUP-Bulletin] 速報789号 夏のアメリカ民主党

あることを十分学んだはずだが、グラスルーツ はこれからも圧力を加え続ける必要がある」 女性たちと反戦 8月26日(火)。バスステーションからダウンタウンに向かって歩き始めたとき のことだ。迷彩色の戦闘服を着た数人の兵士たちが集団になってこちらに走(続きを読む)



大人と子供の再生ストーリー 教えて!

「セントラル・ステーション」「バッド・サンタ」のような、大人と子供が関わり合い、再生していくようなストーリーを探しています。他人や世間に傷つけられた大人と子供がいて、何かのきっかけで出会い、関わりあううちに互いに癒されて再生して(続きを読む)



  1. 2008/11/28(金) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:4 |
  4. コメント:0

 拘束プレイをしたがった

出会い系で出会ったタクヤは、

SM好きで、

すぐに拘束プレイをしたがった。



私はSMにはあんまり興味なかったんだけど、

タクヤがあまりにもタイプだったので、

拘束プレイくらいならいいか、

と思って付き合ってた。



タクヤのお気に入りの拘束グッズは、

大型犬にするような首輪に手枷、

膝のところで脚を折り曲げて拘束する足枷みたいなので、

何種類も持ってるみたいだった。



エナメルっぽいのとか、

レザーっぽいのとか、

赤とか黒とか、

もういろんな種類の拘束具。



なんかSMで使う口枷とかはイヤだったけど、

おしゃれっぽい拘束具だったら、

いいかなって思ってた。



一度、

おしゃれなデザインの首輪をしたまま、

外でいっしょに食事をしたときは、

すごく恥ずかしかったけど。



その後、

いっしょに映画を見に行って、

席の一番後ろの手すりに後ろ手に手枷をされてつながれてしまった。



コートの前をはだけられて、

ブラウスのボタンを全部はずされて、

スカートも脱がされる。



ブラジャーもパンティもつけていないので、

食事に行く前につけられていた拘束具が丸見えになって、

誰かに見られたらどうしようって緊張した。



レザーの紐みたいな拘束具は私のおっぱいを強調していて、

脚の付け根から、

おまんこに喰いこんでいて。



ガーターベルトと吊られているストッキングも、

まるで拘束具の一部みたいに見える。



ここに来るまでの間にも、

おまんこに喰いこんだ拘束具が擦れて痛くて、

それを少しでも気持ちよさに変えようと、

おまんこからは愛液があふれていた。



タクヤは後ろから私に抱きついて、

おっぱいをもんだ。



緊張と興奮で敏感になっている私は、

両方の乳首をぐりぐりとこねられて、

あえぎ声をもらしてしまわないように、

唇を噛む。



おまんこに喰いこんだ拘束具を前後にこすられて、

痛さと気持ちよさで声がこらえきれなくなる。



「や・・・痛いの・・・。」



タクヤはごめん、

といって止めてくれたけど、

私の声で前の席にいた男の人が振り返った。



見知らぬ男の人の目が、

驚きで大きく開かれる。



私は恥ずかしさに、

目を閉じた。



目を閉じると、

ますます敏感になるおまんこをタクヤの指がいじっていて、

ぬるぬるの愛液をひろげるようにしている。



私の愛液で指が湿ったところで、

おまんこの中へと指を入れられて、

おまんこの中で前後にふられる。



膣の中で指を曲げて、

伸ばしてと繰り返されると、

膣壁がこすられて気持ちがいい。



「アイ、

目を開けてごらん。」



タクヤが耳元でささやくので、

目を開けると、

目の前にさっきの男の人が立っていた。



「ひっ・・・。」



驚きで、

おまんこの中の指をしめつけてしまう。



「こんなところで、

拘束プレイですか?」

男の人は、

片手を伸ばして、

私の乳首をきゅっとつまんだ。



タクヤとはまた違う指の感触、

名前さえ知らない人の指に、

私は興奮してしまった。



「拘束されると、

このコは感じやすくなるんですよ。」



タクヤはつままれてない方の乳首を対抗するようにつまんだ。



でも、

男の人が私にふれるのを止めてはくれない。



それを許可と受け取った男の人は、

私のクリトリスに手を伸ばした。



「ホントだ。おまんこぐちゅぐちゅにしちゃって・・・。」



男の人はクリトリスに指を添えるだけであまり動かさないのに、

タクヤがおまんこに入れている指の振動で、

クリトリスも気持ちよくなる。



「お願い・・・ここじゃ・・・イヤ・・・。」



タクヤは手すりにつないでいた紐をはずして、

私をトイレに連れて行った。



男の人もなぜかいっしょについてくる。



多目的用の大きな個室に連れ込まれた私は、

後ろ手に手枷をされたまま、

知らない男の人のちんぽをしゃぶらされた。



ちんぽがくさくて、

大きくて、

すごくイヤなのに、

タクヤに後ろからおまんこをクンニされながら、

口だけで奉仕していると、

だんだん、

何も考えられなくなる。



「すごい・・・フェラチオも上手だ・・・。」



男の人は嬉しそうに私のフェラチオを眺めながら、

拘束具で強調されているおっぱいを撫でている。



「ほら、

もうたまらないんだろう。ちんぽ、

入れてもらいなさい。」



タクヤが私の向きを変えて、

男の人におしりを差し出すようなかっこうをさせた。



さっきまで口をいっぱいにしていた大きなちんぽが、

今度はおまんこをいっぱいにする。



すごくおまんこが濡れていたはずなのに、

めりめりと拡げられるような感じがして、

苦しかった。



「ううっ・・・くっ・・・。」



タクヤは私の乳首を交互に舐めて、

見知らぬ男に挿入されている私の表情を観察している。



やっとちんぽが根元まで入った。



おまんこがこれ以上ないくらい、

限界まで拡げられている。



「お願い!抜いて・・・ちんぽ抜いて・・・。」



動かされたら、

絶対に痛い・・・私は必死に懇願した。



「せっかくおまんこに入れたのに、

抜けないよ。おまんこは、

ひくひくって嬉しそうなのに・・・。」



男の人はちんぽを動かさないけど、

抜いてもくれない。



クリトリスをいじりながら、

腰を回すようにしはじめた。



「んんっ・・・ふっ・・・うっ・・・。」



タクヤが急に、

乳首をきゅっとつまんだので、

私はびっくりして、

おまんこをしめつけてしまった。



それにつられるように、

ゆっくりと腰が振られる。



想像していたような痛みはなくて、

むしろ気持ちよくなってきてしまう。



「あえぎ声がもれてしまわないように、

口をふさいであげるよ。」



タクヤが私にフェラチオさせる。



気がついたら、

私はタクヤのちんぽをしゃぶりながら、

腰を振りまくっていた。



「ははっ・・・最高!おまんこ気持ちいいよ。」



トイレで二人に犯された私の体には、

次の日になっても拘束具の痕がくっきりとついていて、

見るたびに昨日の痴態を思い出させた。




おわり



このサイトすごいですね!
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
浜崎あゆみの恋人が暴露!手紙、メール、写真

したアクセをつけるあゆ→ rakuten 詳細は「週刊新潮」で。< 芸能ニュース > ジャニーズ集合写真 !楽屋でみんなで…!【画像】 ランキング3位 エンタメ画像・掲示板さん 行方不明!華原朋美 が 病院脱走 で「娘を知りませんか?」 ランキング7位 さん ジャニーズ ネタ・画像はこちら(続きを読む)



誰にも知られないでお小遣い稼ぎする方法なんてないかな?

誰にも知られないでお小遣い稼ぎする方法なんてないかな?WEB検索したらhttp://narimonoya.seesaa.net/色々出てきますが 中にはホントかいな???というのも多々あり少し悩んでいます(たとえば『悩みを解決するサイト専門ランキング』) いい話より悪い話の方に目がいってしまいますしかし、実際知人がそれでいい思いしてると聞いて負けたくないですしどなたか成功したひと、またいい方法知ってる人教えてくださいできたら、成功してから友達にやったぞ!と言いたいです(続きを読む)


近い将来が予測できると嬉しいモノ(ランキング)は?

ふと道を歩きながら考えていたのですが、みなさんはどんなモノのランキングを予測できるとうれしいですか?自分は、数週間後に流行しそうなドラマ ベスト10などをいち早く知ることができると見逃すことがなく、かつ流行に乗り遅れることがなくてい(続きを読む)



  1. 2008/11/26(水) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:3 |
  4. コメント:0

 ジェントルメーンなの

出会い系で出会ったタクヤは、

人前ではすごーくジェントルメーンなの。



まるでお姫様みたいに、

ちやほやしてくれる。



普段、

行けないようなところに連れてってくれるし、

ほしいっていったものは、

カンタンに買ってくれちゃうし。



でも、

二人きりになると、

態度が豹変して、

俺様っていうか、

ドSっていうか、

ゴーマンになっちゃうんだ・・・。



乱暴で、

強引で、

ちょっと怖い。



イヤなんだけど、

ムカつくんだけど、

体は感じちゃうんだよね。



私って、

実はMだったのかなあ。



ラブホテルのドアが閉まった瞬間、

タクヤは私を拘束する。



はじめてのときは、

後ろ手に手錠をかけられた。



今まであんなにやさしかったタクヤの豹変に、

私はついていけなくて、

ぼんやりと床に座り込んでしまった。



タクヤはそんな私を怖い目でにらみながら、

服を脱いでいく。



浅黒く焼けた肌に、

筋肉がしっかりとついている男らしい体。



想像していたよりも大きなちんぽが勃起してて、

先走りがたれていて・・・。



タクヤは仁王立ちで、

私の唇に勃起したちんぽを押し付けた。



「しゃぶれ!」

考えるよりも早く、

私の唇はゆっくりと開いていった。



待ちきれないように押し込まれる硬くて大きなタクヤのちんぽ・・・。



私の口の中は、

タクヤのちんぽでいっぱいになっちゃった。



頭を手で押さえつけられているから、

逃げられない。



手を後ろで拘束されているから、

ちんぽがのどの奥を突いてくるのをどうすることもできない・・・。



私の目からは涙が流れた。



なんでこんなイマラチオされなくちゃいけないの!?

人生初のイマラチオ体験は、

衝撃だった。



生理的な吐き気と涙が止まらない。



タクヤは自分でもサオを手でしごきながら、

私の口の中に、

口内発射した。



苦くて独特の味がする精液が、

ねっとりと私の口の中に広がる。



精液の味がキライな私は、

今までフェラチオはしても、

口内発射は許さなかった。



それなのに、

初対面の男に、

こんな強引に口内発射されるなんて・・・。



私はちんぽを咥えさせられたまま、

タクヤを上目づかいで睨んだ。



「口内発射されて、

興奮してるみたいだな?」

やっとタクヤのちんぽが口から抜かれたけど、

全然、

小さくなってない!

「興奮なんかしてないし!」

こんなちんぽを前戯もなしにおまんこに入れられたら、

絶対裂けちゃう・・・私はぞっとしながらも、

強気を装った。



「そうか?じゃ、

確認してみようか。」



タクヤは私をひょいっと担ぎ上げて、

ベットにうつぶせに寝かせた。



そのまま、

スカートをまくりあげて、

ぺろんとパンティを脱がす。



あまりに手馴れていて、

抵抗するヒマもなかった。



後ろ手に手錠をかけられて、

うつぶせでおしりをつきだしているという屈辱的なかっこうで、

私はおまんこを晒していた。



タクヤのごつごつとした太い指が私のおまんこの上を軽くなぞる。



物足りないくらい軽く・・・。



思わず出そうになったあえぎ声をなんとかこらえた。



「興奮してないって?これで?」

私のおまんこはだらだらと愛液をこぼしまくっていて、

とても興奮してないとかいえる状況じゃなかった。



タクヤは容赦なく、

私のクリトリスをきつくつまんだ。



普通なら痛くて不快なだけのその愛撫も、

興奮している私の体は快楽に変換してしまう。



じんわりとしたしびれに似た気持ちよさが、

クリトリスから広がってきた。



一転して、

やさしくくすぐるように、

クリトリスがなでまわされる。



クリトリスの快感に気をとられていたら、

おまんこに指が挿入された。



「はぅ・・・。くぅん・・・。」



あまりにも太い指に、

あえぎ声をこらえきれなかった。



抜き差しされる指は、

私の膣壁をかきまわすように変幻自在に動いた。



左右に振られて、

中を探られて、

ぎりぎりまで抜かれて。



同時にクリトリスも、

やさしく強く、

強弱をつけてこすられる。



私はあえぎ声をもらし続けて、

気持ちよさを味わっていた。



やがて、

クリトリスとおまんこから指がはなれていき、

おしりを両手でなでられた。



「うーん。アイは敏感すぎるね。こんなにあえがれちゃあ、

興醒めだ・・・。」



おまんこがうずいて仕方がない私は、

プライドなんてかなぐり捨てて、

哀願した。



「もうあえぎませんから!お願い・・・おちんぽください・・・。」



「仕方ないね。口内発射のごほうびだ。」



タクヤはため息まじりに、

私のおまんこにちんぽを挿入した。



十分に拡げられていたのに、

さらにおまんこを押し拡げるようなタクヤのちんぽ・・・。



苦しかったのは最初だけで、

私はあえぎ声を我慢するのが大変なくらい感じまくった。



あえぎ声を出したら、

タクヤがちんぽを抜いてしまうんじゃないか、

その恐怖が私にあえぎ声をこらえさせた。



それでも、

あまりの気持ちよさに、

あえぎ声がもれる。



「くっ・・・ふっ・・・はっ・・・。」



あえぎ声がもれてしまった瞬間、

はっと我に返って、

体に力を入れる。



そうすると、

おまんこもしまって、

ちんぽが気持ちいいらしい。



「なかなかいい具合だ。いいしまりのおまんこだな。」



タクヤは遅漏らしくて、

私が何度イっても終わらなかった。



さっき口内発射で一回出しているのもあるとは思うけど、

イかされすぎて、

私は気を失ってしまった。



目を覚ましたら、

やさしいタクヤに戻っていて、

私を介抱してくれたけど、

次にセックスしたときはまた、

ゴーマンで強引なタクヤになった。



ムリヤリ口内発射されるのも、

次に待っている濃厚な愛撫を思えば、

前戯の一環みたいなもの♪

私はタクヤとのちょっとヘンなセックスを楽しみにしてる。




おわり



一回だけのつもりだったけど
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
出会系サイトで登録無料に登録して失敗談を教えてくだしい。主催者にどれだけお金....

出会系サイトで登録無料に登録して失敗談を教えてくだしい。主催者にどれだけお金をつぎ込んだか教えて下さい。出会系サイトで登録無料と書いていたので登録だけでもと思い途中までは入力してメモかコメント欄でエラーが出たのでやめたのですけれどその後5分も経たない内に10通位立てずけ来たのでビックリ、メールの文章の下に銀行振込の欄がありこれはお金がいるなと思い無視しています。完全に登録した方内容や失敗談を教えて下さい。一晩付き合って下されば50万やるからと書いてあるけどそんな馬鹿げた話は絶対ないと思っている。2,3万ならだまされるかもしれないけれど、地方の登録者が人口が少ないのにあまりも多いので信用できない。(続きを読む)


完全無料出会い系サイトとは?

完全無料出会い系サイトや完全無料で女性への連絡先を教えます。というメールが頻繁に送られてきます。これって本当に無料なのでしょうか?「タダほど怖いものはない」という格言がありますが、後でとんでもない請求がくるのでしょう(続きを読む)



  1. 2008/11/25(火) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:0

 合コンとかでモテるタイプかな

出会い系で出会ったタクヤはね、

面白い人だったんだー。



メールも面白かったけど、

話してても面白い感じ。



お笑い芸人っていわれても、

納得しちゃうくらい話すのとか上手なの。



ルックスはまあ、

フツーなんだけど、

合コンとかでモテるタイプかな。



盛り上げんの得意で、

さりげなく気を使えて、

なーんか話しやすくて、

気がついたら余計なコトまでぺらぺらしゃべっちゃう、

みたいな?

「えー!俺、

そんなモテないよ?いつもいい人で終わっちゃうし。」



っていってたけど、

相談から恋愛になっちゃうタイプじゃないかなあ。



最初に会ったとき、

割といい雰囲気になったから、

今日はお泊りかなって思ったら、

終電前で帰されて。



手も繋がなかったから、

フラれたんかなあって思ってたら、

次の誘いがあって。



今日こそは!!

って、

勝負下着で行ったのに、

また何もナシ・・・。



うちに帰って勝負下着を脱いだら、

期待で愛液があふれちゃってて、

お気に入りのレースのパンティが汚れてた。



コレはないなって思ってる男に迫られんのもムカつくけど、

バッチこーいって思ってる男がなかなか手を出してこないのも、

すっごくイライラするぅ。



タクヤの三回目の誘いに、

私は今度こそ絶対にヤると心に決めた。



別にさぁ、

彼氏にしたいってワケじゃないから、

こっちから誘って嫌われたっていいしね。



私はタクヤに会ったら、

すぐに、

腕を絡ませた。



「どうしちゃったの?今日は積極的じゃない?」

戸惑ってるみたいだけど、



「えへへ・・・。」



と笑ってごまかす。



このくらいで積極的だなんて、

坊やだね・・・。



私は内心、

こりゃ、

今日も何もしないつもりだよって呆れた。



映画観て、

ご飯食べて、

飲みにいって、

夜もとっぷり暮れたところで、



「じゃあ、

遅くなってきたから・・・。」



今日はもう帰ろうかといわれる前に、

私は恥ずかしそうに上目づかいで、



「今日は帰りたくない・・・ずっといっしょにいたいな・・・。」



ささやいてやった。



この攻撃でダメなら、

諦めるしかないよね。



タクヤは真っ赤になった。



やっぱり純情ちゃーん。(笑)

「そ、

そ、

そう?じゃ、

あそこ行こうか?」

タクヤが指差したのは、

もちろん、

ラブホテル。



ふー。手間取らせやがって・・・。



ラブホテルに入っても、

タクヤはぎこちなく緊張している。



仕方がないので、

二人でラブソファーに座って、

冷蔵庫に入っていたお酒を飲んだ。



どうしようかなぁ。



酔っちゃったーとかって抱きつくのもいいけど、

どうせなら迫られる方が好きだしね。



「テレビつけるね!」

私は気まずさをごまかすフリをして、

リモコンでテレビのスイッチを入れた。



「あ〜んっ!イイ・・・感じちゃう・・・。」



ラブホテルなので、

テレビからはAVが流れはじめた。



色っぽい女の人ががっちりとした男に、

クンニされてよがっていた。



私はあせったフリをして、

違うピンクチャンネルに変える。



今度はロリ系の少女がオッサンのちんぽをフェラチオしてた。



ちゅぷ・・・ちゅぷ・・・いやらしい水音。



オッサンのグロテスクな赤黒いちんぽが、

少女の唇を汚している。



画面の下には、

「少女、

口内発射」というタイトルらしきものが出ていた。



「ねえ、

口内発射って気持ちいいの?」

私はテレビのAVにみとれて、

ぽかんとしていたタクヤにきいてみた。



「え?口内発射?さあ、

俺、

やったことないから・・・。」



酔いが回ってきた私は、

大胆になっちゃった。



「じゃあ、

口内発射してみるー?」

タクヤの足の間に座って、

タクヤの顔を見上げる。



「脱いで♪おちんぽ出して?」

タクヤはぼんやりとした顔で、

ズボンと下着を脱いだ。



当然だけど、

ちんぽはおなかにつくくらい勃起してる。



「こんな・・・信じられない。」



アルコールが私の体をふわふわとさせていて、

口の中のちんぽがキャンディみたいに感じる。



唇でサオをこするのが気持ちいい・・・。



亀頭がつるつるですべすべ・・・。



夢中で舐めているうちに、

タクヤがあえぎだした。



「アイちゃん・・・フェラチオ上手いね。誰に教わったの?」

私はこういう質問をするヤツがキライだ。



そんなの前にセックスした男にきまってんだろ!

って思う。



「ナイショ♪」

わざとじらすように、

サオを舌で舐めあげた。



気持ちいいけど、

全然、

イけないように。



「ああっ・・・気持ちいいけど、

さっきの方が・・・。」



ま、

そうだよね。



今度は亀頭だけ咥えて、

舌でべろんべろんしてあげた。



イくには刺激が足りないよね。



でも、

今までじらされてたし、

まだまだイかせてあげない♪

手でちんぽ全体をゆーっくりしごく。



ちょっとひねる感じで、

密着させつつ。



「アイちゃん・・・もう我慢できない!イかせて・・・。」



つまんないなあ・・・私はしぶしぶ、

タクヤのちんぽを咥えた。



手と口でちんぽ全体をしごくと、

あっという間に口内発射する。



「イく・・・出るよ・・・。」



苦しそうなタクヤの宣言の後、

口の奥で青臭い精液がはじけた。



口内発射って、

マズいんだよねー。



精液がのどに絡まるし・・・。



私はごっくんと口内発射された精液を飲み干しつつ、

タクヤの顔を窺った。



だらしなく口を半開きにして、

はあはあいってるタクヤは、

まだ夢の世界にいる感じで、

私のことなんか気にしてない。



なんだか、

急に冷めてきて、

どうでもよくなった。



私はタクヤをラブホテルに置き去りにして、

夜の街へくりだした。



そして、

ナンパしてきたチャラそうなお兄ちゃんと、

セックスを楽しんだ。



あんまりいいひとぶってると、

嫌われちゃうよねー?(笑)


おわり



一回だけのつもりだったけど
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
結婚相談所について、母に説明しました

れている知人がいてもみませんでした。少々お金はかかりますが、そこで出会うとなるといささか抵抗はあります。結婚相手くらいは自分で見つけた結婚相談所。怪しげな出会い系サイト?とは思っています。年収は550万円とけして...紹介と(続きを読む)



よく雑誌に上野の包茎手術や無料出会いけいサイトの広告が載っていますがどうして....

よく雑誌に上野の包茎手術や無料出会いけいサイトの広告が載っていますがどうしてでしょうか?包茎手術なら困ってる人がたくさんいるので広告出さなくとも繁盛していると思われますし無料出会い系サイトは無料なので広告費払って広告載せて人気になっても儲けがサイト運営者に入らないのではないかと思うのですが。事情に詳しい方に回答お願いします(続きを読む)


アダルト系迷惑メール

ですが必ず「無料で紹介」とか、「無料で××とか」とにかく「無料」というのが目立ちます。これらはいったいどうやって利益を上げているのか判らないので、判る方がいらっしゃいましたら教えてください。またこうサイトで出会った相手は(続きを読む)



  1. 2008/11/22(土) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

 強姦プレイをお願い

出会い系で出会ったタクヤに、

私は長年の願望である強姦プレイをお願いした。



運動部で鍛えているがっちりとした体で、

ムリヤリ強姦されたらって想像するだけで、

私のおまんこはぬれてしまう。



タクヤはラブホテルに入るなり、



「できれば、

強姦プレイしてくれませんか?」

といった私に、

ちょっと驚いたみたいだったけど、

快く引き受けてくれた。



パンストと下着は替えを持ってきているから、

破いてくれてもいいというと、

タクヤは小さなナイフを取り出した。



「じゃあ、

はじめるよ。」



にこっと笑った後、

急に真顔になったタクヤは私をベットに押し倒した。



足の上に乗られると、

全く身動きがとれない。



「おとなしくしてたら、

気持ちよくなれるよ。」



にやりと笑いながら、

ブラウスのボタンをはずしているタクヤは、

演技力バツグンで、

私は本当に強姦されているような錯覚を覚えた。



「おっぱいでかいね。」



タクヤは嬉しそうにいいながら、

ブラジャーを谷間のところで上にひっぱり、

ナイフでぷつんと切った。



ぶるんとおっぱいが飛び出すと、

満足そうに両手でもみしだく。



「男のためにあるようなおっぱいだね。乳首がピンクで、

真っ白でやわらかくて。」



タクヤはちゅっと乳首をしゃぶった。



思わず、

あえぎ声をもらしてしまいそうになって、

ぐっと唇をかむ。



「こんなに乳首が勃起しているのに、

感じてないわけないよね。」



ちろちろとみせつけるように赤い舌を出して、

タクヤは両方の乳首を交互に舐める。



「や・・・やめてぇ・・・。」



体にはもう力が入らない。



気持ちよくてあえぎ声をこらえるのがやっとだ。



「わかった。やめるよ。」



突然、

タクヤは乳首から舌をはなして、

私の体を自由にした。



タクヤは呆然として横たわる私の脚をM字に大きく開くと、

びりびりとストッキングを破いた。



「おっぱいを責めるのは、

やめてあげたよ。」



タクヤは面白そうにいいながら、

パンティをナイフで切り裂く。



おまんこをおおっていた部分を切られたパンティは、

もう何の役にも立たない布切れでしかない。



「強姦されているのに、

こんなにおまんこぬらしちゃって・・・欲求不満なのかな?」

タクヤの指がおまんこのワレメをそっとなでただけで、

私はぞくぞくとした快感に震えてしまう。



「俺は質問してるんだけど?」

急にタクヤが私にのしかかってきて、

キスするかのような近距離で私の顔をのぞきこんだ。



「えっ・・・あの・・・。」



私が驚いていると、

タクヤの指は私のおまんこをまさぐって、

ぴちゃぴちゃといやらしい音を響かせた。



「見知らぬ男に強姦されて、

こんなにおまんこをぬらしているおねえさんは、

淫乱だよね?」

「ち、

違います・・・。」



タクヤは私の愛液でぬれた指を私の目の前に突き出した。



「しゃぶってごらん。いやらしい味がするよ。」



唇に指を押し付けられて、

私は仕方なしに、

自分の愛液にまみれたタクヤの指をしゃぶる。



「好きな男のちんぽをフェラチオするみたいに、

ていねいにしゃぶりなよ。」



タクヤは指をしゃぶっている私の口元をじっとみている。



私のよだれまみれになった指を口から抜くと、

そのまま、

ずぶりとおまんこに入れた。



「ああっ!」

タクヤの太い指が二本、

いっぺんにおまんこの中に入れられた。



タクヤはぐちゅぐちゅと指で私のおまんこをかきまわしながら、

私のあえいでいる顔をみつめている。



「俺の指におまんこが絡み付いてくるよ。もう指じゃ、

物足りないんじゃない?」

タクヤの指は太くて気持ちがいいけど、

確かにもうこれじゃ物足りない。



でも、

そんなこといえない。



「ま、

強姦されてるのに、

おまんこにちんぽ入れてなんて、

いくら淫乱でもいえないよね。」



タクヤは指をゆっくりと出し入れしながら、

クリトリスをしゃぶった。



「ああん・・・はあっ・・・。」



「そんなにあえいだら、

強姦じゃなくて、

和姦になっちゃうよ。」



苦笑しながら、

タクヤがおまんこに入れた指を抜くと、

おまんこが疼いて仕方がなくなる。



「よつんばいになって、

おしりを突き出して。」



タクヤにいわれるがままに、

よつんばいになると、

タクヤの手のひらがおしりをなでまわした。



「おしりもぷりんぷりんだね。」



私は早くおまんこにちんぽを入れて欲しくて、

体を震わせることしかできない。



「よだれをたらしてるおまんこに、

ちんぽを入れるよ。」



タクヤはおまんこにちんぽを押しあて、

じれったくなるくらい、

ゆっくりとちんぽを挿入しはじめた。



「は・・・ああ・・・。」



「腰が動いてるよ。強姦されてるのに、

腰振っちゃダメだろ。」



ぴしゃんと軽くおしりをぶたれる。



やっと根元までちんぽが入ったかと思うと、

今度は全然、

動いてくれない。



「はは。おまんこがぴくぴくって、

ちんぽをしめてるよ。」



タクヤはちんぽを入れただけで、

何もしてくれそうもない。



思わず腰を振ってしまいそうになったけど、

タクヤの両手でがっちりとつかまえられてしまった。



「だから、

強姦されてるのに、

腰振るなんて、

淫乱にもほどがあるって。」



私はじれったくて、

泣きそうになってしまった。



「お願い・・・動いて・・・おまんこ、

めちゃくちゃにしてぇ・・・。」



私が半分泣きながらおねだりすると、

タクヤは笑って、

後ろから私に抱きついた。



「おねだりしたら、

強姦にならないよ。」



耳元でささやいたタクヤは、

後ろからおっぱいをもみながら、

がんがんと腰を振って、

ちんぽをおまんこの奥に当ててくれた。



クリトリスを指でいじられながら、

おまんこの最奥を突かれ、

何度もイってしまった私は、

ちょっと意識をとばしたらしく、

タクヤに起こされた。



「ごめん、

調子に乗りすぎちゃって。」



照れくさそうに笑ったタクヤに、

私はときめいてしまった。



タクヤとは、

今でもセフレ関係が続いている。



私はいつタクヤに告白しようかと悩みつつ、

今の関係すら失うのが怖くていえないでいる。




おわり



一回だけのつもりだったけど
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
はてなアンテナ ページが更新されました

net[関西版] http://zexy.net/kansai/# 爽やかな緑、海辺、美しい自然を舞台にリゾートウエディングはいかが?運命のリングに出会うために★強力サポートしてくれるショップを知りたい!美人花嫁になるために、ブライダルエステで早めに磨きをかけよう♪ 70名以上も(続きを読む)



下記の英文があります。Pls contact me if you wish to share lunch time driving ...

下記の英文があります。Pls contact me if you wish to share lunch time driving with me.?have much time on SAT&SAN. but no friend for sharing my offtime.この英文の目的は恋人募集なのでしょうか!またはドライブしてランチするだけの相手募集なのでしょうか!掲示板(出会系カテ)でみつけました。(続きを読む)


少し長いのですが。

色々案内します。How are you?Do you use the Japanese which I taught well?Japan is very cold unlike Hawaii!!I say once again and am last time because I was not able to tell to be good.It is 4/29 that I met you first.I promi(続きを読む)



  1. 2008/10/19(日) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:10 |
  4. コメント:0

 強姦されたことが

出会い系で知らない男とヤりまくってた頃、

強姦されたことがあんの。



まあ、

今、

こうやって生きてるから、

強姦されたとかいってられるけど、

あの時はマジで死ぬかと思った・・・。



待ち合わせ場所に来た男が好みだったから、

ソイツのうちに誘われて、

ついていっちゃったんだよね。



タクヤは背が高いイケメンで、

話しやすくて、

宅飲みしてるうちに、

いつもより早くお酒がまわっちゃって、

いつのまにか意識がなくなってた。



気がついたら、

床に寝てるの。



起き上がろうと思っても、

起きられない。



腕が頭の上のところで拘束されてた。



何コレ・・・拘束されてる?

腕を動かしたら、

がちゃがちゃって音がした。



暴れてたら、

タクヤが近づいてきて、



「起きたんだ。あんまり暴れるとケガしちゃうよ。」



っていうんだけど、

さっきと全然変わらない態度なのが、

逆に怖くて。



「ちょっと!コレ、

はずしてよ!」

私がにらみつけても、

平然としてて、



「強姦が終わるまではムリだよ。ゴメンね。おとなしくしててくれれば、

すぐに終わるから。」



強姦って、

なんで!?

女に不自由してなさそうだし、

私だってかっこいいと思ったくらいなのに。



私の疑問はすぐに解けた。



タクヤの後ろからもっさりとした男が現れたから。



コイツが私を強姦するんだ・・・。



何もいわれなくても、

すぐにわかっちゃった。



「弟なんだけど、

女の子にモテなくてさ。」



タクヤは友達に家族を紹介するような口調でいってるけど、

その弟は私の服を乱暴に脱がしてる。



そんなに乱暴にされたら、

服が破けちゃうよぉ。



みかねたタクヤが私のブラジャーのホックをはずして、

まくりあげた。



おっぱいがぺろんとむきだしになる。



べろ・・・べろ・・・じゅぷじゅぷ・・・まるで飢えたケモノみたいに、

乳首を舐められて、

しゃぶられる。



乱暴におっぱいをもまれるのが痛い。



強姦なんてやだ!!!

私が暴れても、

私の足にまたがっている男の体はびくともしない。



「アイちゃん、

強姦だけで帰りたいでしょ?暴れるとどうなっても知らないよ?」

タクヤに耳元で脅されて、

私は動けなくなった。



怖い・・・怖いよぉ・・・帰りたい。



すすり泣いている私にかまわず、

タクヤの弟はスカートを脱がせた。



もう抵抗する気力もない。



パンティも脱がされて、

好きなようにおまんこを舐められる。



私は人形のように寝そべっていた。



何も考えないようにして、

感じないようにしてれば、

強姦だってすぐに終わる・・・。



タクヤの弟の愛撫はへたくそだったし、

強姦の恐怖でこわばっている私の体は感じるどころじゃなかったんだ。



私のおまんこをいじくりまわして満足したのか、

タクヤの弟が勃起したちんぽをおまんこにあてがってきた!

「お願い・・・入れてもいいから、

ゴムつけて!」

泣きながら頼んでるのに、

シカトされた。



乱暴にちんぽを入れられて、

出し入れされる。



そんなに大きなちんぽじゃなかったから、

痛くなかったし、

ソイツが自分勝手に動かしてるだけだから、

気持ちよくもなかった。



「兄貴・・・この女、

不感症じゃないのか?」

自分のセックスの下手さかげんも棚にあげて、

失礼なことをいわれた私はムカついた。



「強姦されてるのに、

感じるコは少ないって。」



タクヤは私のおっぱいに手をのばして、

さわさわとさわりはじめた。



妙に上手くて、

気持ちがいい。



ヤバイよぉ・・・。



両方の乳首を親指と人差し指でしごくようにこねられて、

私は思わず、

おまんこをしめつけてしまった。



タクヤは片手で乳首をいじりながら、

反対の乳首をしゃぶって、

空いた手をクリトリスにあてがった。



こちょこちょとくすぐるようにやさしくクリトリスをいじられながら、

乳首を愛撫されると、

イきそうなくらい気持ちがいい。



「なんだよ。兄貴にさわられたら、

気持ちよさそうにしやがって。」



タクヤの弟は不機嫌そうに、

激しくちんぽを動かした。



さっきまでは感じなかったのに、

タクヤの愛撫といっしょになると、

ものすごくイイ。



「や・・・あんっ!ダメぇ・・・・。」



タクヤの弟は、

私のおまんこに中出ししやがった。



一度ちんぽを抜かれて、

よつんばいにさせられて、

おまんこに中出しした精液を指でかきだされる。



「もうおまんこの中、

ぐちゅぐちゅだ。いやらしい女だな。」



自分だけじゃ女とヤることもできなくて、

兄貴に強姦を手伝ってもらってるような男にいわれたくない!

私は振り向いて、

タクヤの弟をにらみつけた。



ちょっとひるんだようにみえたタクヤの弟は、

にやりと笑って、

私のおしりをぶった。



「生意気な女だな!強姦されてるんだから、

もっとしおらしくしろよ!」

叩かれるたびに、

私のおしりは赤くはれ上がって、

ひりひりする。



「それくらいにしとけよ。かわいそうだろ。」



かわいそうだっていうんなら、

強姦なんてしないでよ!

後ろからタクヤの弟に犯されながら、

私はタクヤの顔をにらみ続けた。



さっきのセックスで気持ちよくてイきそうになっていた私のおまんこは、

タクヤの弟の稚拙な出し入れにも感じてしまっている。



ただちんぽを入れて出すだけの、

何の技も工夫もない動きなのに。



私は快感に耐えるために、

唇をかみながら、

強姦が終わるのをひたすら待った。



三日後、

目隠しをされて車に乗せられて、

待ち合わせした場所に降ろされた。



遠ざかっていく車のナンバーを覚えることもできずに、

私は泣き寝入りするしかなかった。



強姦され続けた私のおまんこはひりひりと痛くて、

しばらく治らなかったんだ・・・。



私が若くておバカだったときの話。



でも、

無事に生きてて、

妊娠しないですんだだけよかったかもね。



あの変態兄弟にはムカつくけど!


おわり



一回だけのつもりだったけど
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
米経済指標【MBA住宅ローン申請指数】

マンション管理等に係わる ...茅葺き屋根 素晴らしい風景に出会った。茅葺き屋根の住宅には時々お目に掛かるが、昨日は、茅葺き作業の真っ最中に行き合わせた。松浦だいごさんとの活動日、西仙北地区をまわっているときに、出会った風景。... 「寸止めオバハン」(続きを読む)



誰にも知られないでお小遣い稼ぎする方法なんてないかな?

誰にも知られないでお小遣い稼ぎする方法なんてないかな?WEB検索したらhttp://narimonoya.seesaa.net/色々出てきますが 中にはホントかいな???というのも多々あり少し悩んでいます(たとえば『悩みを解決するサイト専門ランキング』) いい話より悪い話の方に目がいってしまいますしかし、実際知人がそれでいい思いしてると聞いて負けたくないですしどなたか成功したひと、またいい方法知ってる人教えてくださいできたら、成功してから友達にやったぞ!と言いたいです(続きを読む)


近い将来が予測できると嬉しいモノ(ランキング)は?

ふと道を歩きながら考えていたのですが、みなさんはどんなモノのランキングを予測できるとうれしいですか?自分は、数週間後に流行しそうなドラマ ベスト10などをいち早く知ることができると見逃すことがなく、かつ流行に乗り遅れることがなくてい(続きを読む)



  1. 2008/09/03(水) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

 写メよりイケメンかも

出会い系で出会ったタクヤとは、

私が住んでいる駅前のロータリーで待ち合わせしたんだ。



赤いスポーツカーってきいてたから、

すぐにわかって、

すっごいドキドキ。



車に近づいていって、

車の中をのぞいたら、

窓がスーって開いて、

運転席のタクヤが私の方に体をのりだしてて。



あれ?写メよりイケメンかもって、

嬉しかったり。



タクヤは全然、

緊張とかしてないみたいで、



「はじめまして。アイちゃんでしょ?とりあえず、

乗って。」



って声かけてきた。



いつまでもここにいたら、

近所の人にみられちゃいそうだから、

タクヤの車に乗り込んだ。



シートがぴったりと体にフィットして、

乗り心地がいい。



車がゆっくりと走り始めて、

体に加速感が伝わってくる。



「アイちゃん、

どこか行きたいところある?」

「海、

かな。」



特に思いつかなくて、

ベタなこといっちゃった。



「了解〜。」



車が一気にスピードを上げて、

街灯がびゅんびゅん後ろの方へ飛んでく。



タクヤの運転はスピード出してても、

怖いって感じがしない。



ハンドルを握ってる手とかギアチェンジしてる指とかに、

ときめいたりして。



「海についたよ。」



夜の海は誰もいなかった。



冬だし、

当たり前だけど・・・。



タクヤがエンジンを切ると、

波の音しか聞こえなくなって、

怖くなった。



「アイちゃんさあ、

初対面の男とこんな人気のないところに来るなんて・・・。」



急にタクヤの様子がおかしくなって、

私は逃げたくなった。



でも、

ドアがロックされていて、

開けられない。



「強姦されちゃっても仕方ないよね。」



タクヤが覆いかぶさってきた。



普通にラブホテルに誘われてたら、

行ってたと思うのに、

なんでこんな強姦とかされないといけないの!?

タクヤは乱暴に私の両手を押さえつけて、

後ろ手にして手錠をかけた。



手錠を用意してるなんて、

最初から強姦する気だったんだ・・・。



私はタクヤの車に乗ったことを後悔したけど、

もう遅かった。



「俺、

強姦じゃないと、

勃たないんだよ。」



シートを倒されて、

服をまくりあげられる。



「強姦だと何回でも勃起するんだけどね。」



タクヤがぶつぶついっているのが、

耐えられないほど怖い・・・。



強姦されるのイヤなのに、

怖くて体が動かない。



「そうそう。強姦されるときに、

下手に抵抗すると危険だからね。アイちゃんはおとなしくてイイコだ。」



タクヤの手が私の顔をなでるのが気持ち悪い。



さっきまでかっこいいと思っていたタクヤがイヤでたまらない。



「震えちゃって。かーわいい。強姦すると、

女って初めてじゃなくても震えるよね。」



タクヤの口ぶりで、

強姦が初めてじゃないっていうのがわかった。



メール交換してたときも面白かったし、

やさしそうだったのに・・・。



ブラジャーの谷間のところを強引に引っぱったタクヤは、

ナイフでぶちって切ってしまった。



肩ひものところも切って、

私の体からはずして、

後ろに投げ込む。



「俺がアイちゃんを強姦した記念品♪」

そのまま、

スカートをまくられて、

パンティも切られた。



両足の上の部分を二箇所切って、

ナイフをしまってくれたからほっとしたけど、

無事に帰してもらえるっていう保障はどこにもない。



タクヤはナイフで切ったパンティは脱がさないで、

おっぱいをもみはじめた。



両手でおっぱいをもみながら、

ちろちろと乳首を舐めたり、

しゃぶったりする。



私は動物園でみた蛇を思い出した。



舐められるたびに、

背筋が寒気でぞくぞくしてる。



「怖くて感じるどころじゃないよね?強姦が終わったら、

ちゃんと元の駅に帰してあげるから、

従順に俺を楽しませなよ。俺の気が変わらないようにね。」



タクヤは楽しそうに笑いながら、

私の乳首をぎゅうって強くつまんだ。



「まさか、

強姦されて濡れたりしてないよねー?」

私の足の間にあったパンティをずるりと引き出したタクヤは、

パンティのおまんこの上の部分を私の目の前に突き出した。



「これなーんだ?強姦されて感じちゃうなんて、

アイちゃんは淫乱だなあ。」



全然、

気持ちよくなんてないのに、

パンティには愛液がついてた。



ウソ・・・信じられない・・・なんでぇ・・・。



呆然とした私の足を大きく開いて、

タクヤがおまんこを舐め始めた。



ぴちゃぴちゃって音がしているのは、

タクヤのよだれだけじゃなさそう。



強姦されてるのに、

気持ちよくなってきちゃった。



タクヤの指がおまんこに入ってきて、

ぐちゅぐちゅって中をかきまわしはじめると、

あえがないように我慢するのが大変なくらいで・・・。



クリトリスをちゅるちゅるって吸われたときには、



「あんっ!」

あえぎ声がもれちゃった。



「アイちゃんは敏感で淫乱なんだね。我慢しないであえいでいいよ。強姦されてあえぎ声をあげるコなんてめずらしいけどね。」



悔しくて唇をかんであえぎ声をもらさないようにしてたけど、

タクヤのちんぽが入ってきたときは、

我慢しきれなかった。



「いいおまんこもってるね。・・・キツくてよくしまるよ。」



タクヤはちんぽを出し入れしながら、

何枚も写メを撮った。



私のおまんこがタクヤのちんぽを咥え込んでるのがモロに写ってる画像をムリヤリ見せられて、

恥ずかしさで涙が出てくる。



タクヤの舌が私の涙をねっとりと舐めて、

そのまま口の中に入ってきた。



私、

両方の口を犯されながら、

イっちゃった・・・。



強姦されてイくなんて・・・虚脱状態になっている私の体をタクヤは何度も犯した。



何時間たったのかわからないけど、

ようやく私に飽きたタクヤが私の身だしなみを申し訳程度に整えて、

元の駅に降ろした。



家まで送ろうかっていわれたけど、

絶対イヤって断った。



本当にひどい目に遭ったけど、

それで終わりだと思ってたのに・・・。



私を気に入ってしまったタクヤに脅迫されて、

私はその後、

何度も強姦されている。



どうしたら、

タクヤは私の体に飽きてくれるのかな・・・。




おわり



このサイトすごいですね!
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
携帯を利用した詐欺?ではないかと思うんですが、どなたか教えてください(m_ _m)

携帯を利用した詐欺?ではないかと思うんですが、どなたか教えてください(m_ _m)こんばんは(m_ _m)どなたかこういうことに詳しい方がいらっしゃったら教えてください。先ほど知人より、ネットストーカーのせいで携帯がおかしくなって、メール機能がうまく使えなくなってしまったから、これからはhttp://mphoto2.com/?mxykにてメッセージをやり取りしたいというメールが来ました。ですが、携帯からこういうリンクに気軽にアクセスするのはちょっと怪しいし、そもそも他者が携帯のメール機能をおかしくさせるなんてことが可能かどうかも疑問です。ちなみにこのリンクはパソコンからはアクセスできないようでした。これは何かの詐欺じゃないかと思うので皆さんの知恵をお借りしたく投稿させていただきました。ヨロシクお願いします(m_ _m)(続きを読む)


出会い系サイトのしくみについて(利用法)

ポイント制の出会系サイトのしくみについて使った事があるかた、たぶん会社によって違うのかもしれませんが一般的にどんなしくみか教えてください。よく携帯の番号やアドレスで登録して、ネットの掲示板に自分の紹介を載せてそれで携帯に返事が(続きを読む)



  1. 2008/08/27(水) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:2 |
  4. コメント:0

 フェラチオしている動画

出会い系で出会ったタクヤは、

フェラチオ好きだ。



フェラチオしている動画を撮らせてくれるなら、

お金を払ってもいいというので、

撮らせたこともある。



ちんぽをしゃぶっている口元だけを撮っているのを確認させてもらったけど、

歯並びとか口元のほくろとかで、

知り合いには私だってバレてしまうかもしれない。



タクヤはオナニーにしか使わないし、

他の人には絶対に見せないといっていたけど。



フェラチオを撮影させたのは、

お金がほしかったからじゃない。



くれるっていうからもらったけど、

ホントはタクヤが私のフェラチオしている動画をみて、

オナニーするっていうのが、

とても嬉しかったから。



タクヤにとって私はただのセフレなんだろうけど、

私はタクヤのことが好きだった。



タクヤに出会ってから、

タクヤに少しでも好かれるために、

私はフェラチオの研究をするようになった。



今までの男にはフェラチオしてっていわれるから仕方なくフェラチオしていたのに、

タクヤの中で一番フェラチオが上手い女になりたいと思うようになってしまった。



研究してみると、

フェラチオって本当に奥が深い。



前回、

気持ちよかったことが今回も同じくらい気持ちいいとは限らなくて、

やればやるほど深みにはまってしまう感じがする。



私は女性のための性技の本とか、

フェラチオのテクニックを紹介したDVDとか、

インターネットのエロサイトとかいろんな情報をかき集めて、

フェラチオについて学んだ。



タクヤはラブホテルで二人きりになると、

すぐにフェラチオしてほしがる。



私が洗ってもいないおしっこくさいちんぽをしゃぶるなんて、

タクヤのちんぽ以外ではありえない。



タクヤがパンツを脱いだ瞬間、

股間が蒸れていたにおいがもわっと立ちのぼる。



まるで発酵してるんじゃないかと思うくらい強烈な独特の匂い。



私はなるべく匂いを嗅がないように、

タクヤのちんぽを口に含む。



今日はじらさないですぐに口に入れたけど、

そのときによって、

サオや玉袋を舐めまくって亀頭にはさわらないようにしたり、

手でいじってなかなか口に含まなかったり、

めいっぱいじらすこともある。



口に含んだ亀頭を舌で舐めまわしていると、

あの匂いが口の中から鼻に抜けていく。



けして好きではない匂いなのに、

どうしてこの匂いを嗅ぐと興奮してしまうんだろう。



次第に、

私の口の中はよだれでいっぱいになっていき、

すべりがよくなってくる。



鈴口のところに舌を入れて、

ムリヤリ拡げるようにするのが、

大好きなんだけど、

タクヤは気持ちよくないからってイヤがる。



飴玉のように口の中でころがしていた亀頭を口から出すと、

私のよだれでねとねとになっていた。



室内灯を反射して鈍く光っている亀頭に、

よだれがつたっているサオ。



脈打って筋がみえているところや赤黒い色がとてつもなくグロテスクだ。



「アイちゃん、

フェラチオ上手くなったよね。最初の頃のぎこちないフェラチオも萌えたけどさ。」



サオに舌をはわせている私の頭をなでながら、

タクヤはしみじみとそんなことをいっている。



私は悔しくなって、

一気にちんぽ全部を口に含んだ。



両手の指を輪のようにして、

ちんぽ全体をしごくように上下に動かす。



舌をめちゃくちゃに絡ませて、

唇をちょっとすぼめる。



「あっ!気持ちいいよ・・・もうプロ並だね・・・イきそうだ・・・。」



片手で玉袋やアリの門渡りをやさしくなぞりながら、

口と手でちんぽをしごいているうちに、

タクヤは私の口の中に射精した。



口内発射されたら、

ごっくんと精液を飲むとタクヤが悦ぶので、

私はまずくて苦い精液を飲み下すことにしている。



「はあ・・・アイちゃん、

またフェラチオの腕あげたね・・・。」



タクヤはベットに横たわり、

荒い息をついている。



私が冷蔵庫からお茶を取り出し、

しつこくのどに絡みついている精液を流し込んでいると、

タクヤが私をベットに手招きした。



引き寄せられるままにキスして、

抱きしめられていると、

恋人同士のような錯覚を感じる。



いつもやさしいタクヤの手、

あたたかいぬくもり。



ちょっと体をまさぐられただけでおまんこが濡れてしまうのは、

タクヤが好きだからなのに、



「フェラチオしただけでこんなにおまんこ濡らすなんて、

ホントにアイちゃんはフェラチオ好きなんだから。」



なんていわれてしまうと、

屈辱で返事ができない。



タクヤは私のおまんこをていねいにクンニすると、

再勃起したちんぽをおまんこに挿入する。



一度、

フェラチオで射精しているちんぽはそれほど硬くないから、

私のおまんこはすんなりとタクヤのちんぽを受け入れてしまう。



タクヤのちんぽが私のおまんこをかき回すと、

私はとても幸福を感じる。



好きな人とセックスしているだけで、

こんなにしあわせな気持ちになれるんだから、

フェラチオをするくらいどうってことない。



タクヤのちんぽは私のいいところを何度も何度もこすって、

私の口からはしたないあえぎ声を出させた。



タクヤが私に飽きるまでに、

今まで知り合った女の中で、

一番フェラチオが上手いといわせてみたい。



できれば、

私のフェラチオなしではいられないくらいに、

タクヤをとりこにしたい。



そう思いながら、

今日も私はしびれるくらい深くイってしまった。



私はとっくにタクヤのとりこになってしまっている。




おわり



一回だけのつもりだったけど
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
倉敷に近く観光・ビジネスに便利で格安!露天

。しかし、ある日突然、医師に肺がんで余命半年と宣告されてしまう。その時、彼が選択したのは、延命治療でなく、今まで出会った大切な人たちと直接会っ ...ホテル48 [岡山県の宿泊施設] 岡山県のホテルや旅館をお探しですか?岡山県 倉敷(続きを読む)



携帯を利用した詐欺?ではないかと思うんですが、どなたか教えてください(m_ _m)

携帯を利用した詐欺?ではないかと思うんですが、どなたか教えてください(m_ _m)こんばんは(m_ _m)どなたかこういうことに詳しい方がいらっしゃったら教えてください。先ほど知人より、ネットストーカーのせいで携帯がおかしくなって、メール機能がうまく使えなくなってしまったから、これからはhttp://mphoto2.com/?mxykにてメッセージをやり取りしたいというメールが来ました。ですが、携帯からこういうリンクに気軽にアクセスするのはちょっと怪しいし、そもそも他者が携帯のメール機能をおかしくさせるなんてことが可能かどうかも疑問です。ちなみにこのリンクはパソコンからはアクセスできないようでした。これは何かの詐欺じゃないかと思うので皆さんの知恵をお借りしたく投稿させていただきました。ヨロシクお願いします(m_ _m)(続きを読む)


電話番号と携帯アドしか分からない人を訴えるには

実は以前携帯サイトで出会った人にお金を貸したのですが、連絡がとれなくなりました。相手の連絡先は、大まかな住所・・・県・・・1234番地(マンション名と部屋番号不明)、携帯電話(変更された)、携帯アド(変更された)しか分かっ(続きを読む)



  1. 2008/08/26(火) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:7 |
  4. コメント:1

 恋人同士として付き合っている

出会い系で出会ったタクヤとは、

恋人同士として付き合っている。



デートもするし、

エッチもする関係で、

一応ラブラブだと思う。



でも、

タクヤは何度いっても、

風俗通いを止めてくれない。



タクヤがいうには、

風俗は浮気じゃないんだそうだ。



それで納得する女の子がこの世の中にいるのだろうか。



確かに私はフェラチオが下手だ。



タクヤと付き合うまでは、

男性のちんぽを口に入れたり、

舐めるなんて絶対にいやだったから、

フェラチオを断固拒否していたのだ。



最初は、

タクヤも私のつたないフェラチオでも興奮で満足してくれていたみたいだったけど、

慣れてくるにつれて物足りなくなってきたらしい。



風俗のお姉さんのとろけるようなフェラチオテクニックが恋しくなってしまったんだそうだ。



私は親友のユウちゃんに相談した。



ユウちゃんは、

「アイがフェラチオの練習をして、

風俗にいかなくてもいいくらいに満足させてあげればいいんじゃないの。」

って答えてくれた。



私はアダルトショップの通販で一番安いディルドーとフェラチオのテクニックDVDを買った。



そして、

ビデオをみながら、

ディルドーを舐めたりしゃぶったりして、

フェラチオの練習にはげんだ。



でも、

ディルドーじゃ、

いくら練習しても上手くなったのかどうかわからなくて、

だんだん、

飽きてきてしまった。



そんなとき、

タイミングよく、

タクヤがデートに誘ってきたので、

私ははりきってでかけた。



白いレースのブラジャーとパンティ、

白いガーターベルトに黒いストッキング。



勝負下着も完璧だ。



ラブホテルに入ると、

タクヤに先にシャワーを使ってもらって、

私は下着とストッキングだけになって、

ベットでタクヤを待ちかまえた。



「あれ?次、

シャワー浴びないの?」

腰にバスタオルを巻いただけのかっこうで、

のほほんとベットに歩いてきたタクヤに抱きついて、

私から積極的にディープキスをする。



舌をからませていると、

タクヤの手が私の体中をはいまわって、

体の力がぬけそうになる。



「なんだよ。今日はやる気まんまんだな。」



タクヤが唇をはなしたすきに、

私はタクヤの足元にかがみこんだ。



がばっとバスタオルをはぎとると、

ちょっぴり勃ちあがったちんぽが目の前にあらわれる。



「何するんだよ?」

あーんとなるべく大きく口を開けて、

思い切って、

ちんぽを口に含んだ。



「んっ!」

私の予想外の行動に、

タクヤは驚いているようだけど、

ちんぽは私の口の中で確実に大きくなってきている。



私は口の中で、

れろれろとサオに舌をはわせた。



「今日はどうしたんだよ?熱でもあるのか?」

タクヤが私のおでこに手をあてたりしている。



このくらいの刺激では、

まだ全然余裕があるようだ。



私は片方の手で玉袋をやわらかくもみ、

もう片方の手でサオから亀頭まで、

軽いタッチでしごいた。



「うぉっ!どこで覚えてきたんだ、

そんなテクニック・・・。」



手を使うと、

気持ちよさが格段に増すらしく、

舌をからめて、

口でちんぽを上下にしごきながら、

サオに手をそえて、

指を動かすと、

タクヤは今までにないくらい気持ちよさそうだった。



「くっ・・・出そう・・・。」



練習した技を全て出し切った私の口の中に、

どぴゅっと大量の精液が射精された。



もちろん、

そのまま、

ごっくんと飲み干してみせる。



タクヤは射精の快感から我に返ると、

しゃがんで私の肩をつかんで、

がくがくとゆすぶった。



「浮気したんだろ!?どこの男にそんなフェラチオ技、

教わったんだよ!」

「私のフェラチオ、

気持ちよくなかったの?」

「気持ちよかったよ!よかったからいってんだろ!一体、

どこのどいつだ!」

タクヤがこんなにやきもちを焼いてくれたのは、

はじめてだ。



私が好きなほどには、

タクヤは私のことを好きじゃないのかも、

と思っていたので、

私はとても嬉しかった。



一人でフェラチオの練習をしたことを説明しても、

なかなか信じてもらえなくて、

結局、

フェラチオのテクニックDVDとディルドーをみせることになったのは恥ずかしかったけど、

練習したかいがあったと思う。



それからは、

タクヤのちんぽで実践を兼ねてフェラチオの勉強をしていった。



やっぱり、

どこをどうすると気持ちいいかっていうのは、

個人差もあるみたいだから、

タクヤにきくのが一番だしね。



タクヤはアナルをちょっといじられながら、

玉袋をさわさわされたり、

下からサオをれろーっと上まで舌でなぞられたりするのが好きみたい。



タクヤが気持ちよくて、

がまんしきれないあえぎ声をもらしたりすると、

ぞくぞくとした悦びでおまんこが熱くなって、

もっともっと気持ちよくさせたいと燃えてしまう。



フェラチオのテクニックが飛躍的に上達したおかげで、

今ではタクヤも風俗を卒業してくれたし、

一度フェラチオで射精して、

二回目の勃起でおまんこに挿入するせいで、

長くゆっくりと楽しめるようになった。



そのうち、

もっとマンネリしてきたら、

タクヤのアナルのもっと奥深くまで指を入れて、

前立腺マッサージというのをしてみたいとひそかに思っていたりする。



あと、

ちょっとだけ、

他の男の人にも自分のフェラチオテクニックが通用するのか試してみたい気分になることもある。



男の人の風俗行きが浮気じゃないんだったら、

風俗で働いたり、

フェラチオするだけも浮気じゃないのかなあなんて思っているんだけど、

きっとタクヤは怒るんだろうなあ。




おわり



このサイトすごいですね!
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
フジテレビ・渡辺和洋アナ“公私混同"オーディション

●不倫相手は超スレンダー美脚モデル フジテレビ の“カズ"こと 渡辺和洋 アナ(32)の不倫騒動が、さらなる波紋を広げている。「 週刊朝日 」によると、渡辺アナは自らが司会と審査員を務めるオーディションに不倫相手のモデル・A子さんを呼び寄せ、ホテルでコトに及んでい(続きを読む)



不倫してる人たちに質問です。お互いに好きで、出会うべき人に出会ったと思ってい....

不倫してる人たちに質問です。お互いに好きで、出会うべき人に出会ったと思っているなら・・・不倫してる人たちに質問です。お互いに好きで、出会うべき人に出会ったと思っているなら、結婚したらいいのにと思いますが、なぜしないんでしょうか?なかには結婚される方達もいらっしゃいますが・・・ 現時の配偶者と仮面夫婦状態で、不倫相手のことを必要な人と思うなら結婚したら・・・?と思いますが。現在、不倫中の方、過去にされてた方の意見を特にお聞きしたいと思います。もちろん、そうじゃない方の意見もお願いします。(続きを読む)


不倫→離婚→不倫相手の交際について。

よく、不倫で出会った男女は離婚しても、結局別れる。。。とききます。人それぞれあるとは思うんですが、これはやはり本当なんでしょうか?不倫して、相手、又は自分が離婚して不倫相手とカップルになった。そのような経験をお(続きを読む)



  1. 2008/08/24(日) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

 中学のときの同級生

出会い系で出会ったタクヤは、

中学のときの同級生だった。



待ち合わせ場所に現れたタクヤをみて、

何かどっかでみた顔だなーって思ったけど、

思い出せなかった。



「ねぇ、

もしかして、

○○中じゃなかった?」

ってタクヤにきかれて、

やっと思い出して、

どうしようってあせった。



だって、

私にはダンナいるし、

タクヤだって奥さんいるっていってたし、

あとくされのないセックスを楽しみたかっただけなのに、

知り合いなんて。



いやな汗をだらだらかいてる私は顔とか引きつってたと思う。



タクヤはにこにこしながら、



「奇遇だなー。まさかアイってお前だとは思わなかったよー。中学のときはマジメだったしさ。」



なんていってる。



もうなんていって、

ここから逃げ出そうってあせってるのに、

タクヤは当たり前みたいに、



「じゃ、

ラブホテル行くか。」



って私の手をひっぱった。



ラブホテルの部屋に入っても、

私は気持ちの整理ができなくて、

このままタクヤとしちゃって大丈夫かなって不安だった。



「なあなあ、

アイって中学ンとき、

男子にモテてたの知ってた?」

タクヤは私の気も知らないで、

服を脱ぎながら、

そんなことをいってくる。



「モテてなんかいないよ。告白されたことないし。」



私はタクヤの脱いだ服をハンガーにかけながら、

タクヤを振り返った。



トランクス一枚になったタクヤの体は中年太りとは縁がないみたいで、

すごく引き締まっていて、

ダンナとは大違い。



なんだかどきどきしてきて、

あわてて目をそらして、

私も服を脱いだ。



「モテてたよ。お前、

顔もかわいいけど、

巨乳じゃん。男子の間では、

一度でいいからパイズリしてみたいって・・・。」



「パイズリしたいって・・・単なる性欲じゃないの?」

私はブラジャーをはずしながら、

ちょっと呆れてしまった。



「パイズリしたいっていうのは、

おっぱいフェチの夢なんだぞ!」

タクヤはなぜか憤慨している。



「そして、

俺もアイのおっぱいでパイズリしたいと思っていた一人だったのだ!」

スカートを脱いでいた私に、

タクヤが飛びかかってきたので、

私は転びかけた。



「ちょっと・・・危ないじゃない。」



私の抗議を無視して、

タクヤは私をベットに引きずり込んだ。



「まずは、

ぱふぱふから・・・。」



タクヤは私のおっぱいの間に顔を入れて、

左右から乳房を自分の顔に向って押し付けた。



「ぱふぱふ・・・ぱふぱふ・・・。ああ、

サイコー♪」

私のおっぱいにはさまれて、

タクヤが恍惚の表情を浮かべているけど、

私には何が嬉しいのか、

さっぱりわからない・・・。



「さて、

いよいよパイズリを・・・。」



タクヤはトランクスを脱ぎ、

かちかちに勃起したちんぽを私のおっぱいの間にはさんだ。



「パイズリできるくらいの巨乳っていいよなー。アイのダンナさん、

毎日パイズリしてもらってるんだろ?」

タクヤはうっとりしながら、

無神経な発言をしてくる。



「やめてよ。こんなときに・・・。」



私が顔をしかめると、

ごめんごめんと謝りながら、

私のおっぱいを上下に動かした。



おっぱいの間にあるちんぽがこすれるけど、

私的には別に気持ちよくもなんともない。



ちなみに、

私のダンナがパイズリで喜んでいたのは、

付き合い始めだけだったんだよね。



「ちょっとだけ、

フェラチオしてくれない?先っぽだけでいいから。」



私はおっぱいからはみでている亀頭をちろちろと申し訳程度に舐めてあげた。



いきなりフェラチオとかありえないし。



不機嫌な私のおざなりなフェラチオに、

タクヤは興奮している。



「ああ、

俺の長年の夢が・・・パイズリ気持ちいい・・・。」



すっかりおいてけぼりの私は付き合いきれなくなって、



「もういいかな?」

って冷たい声でいっちゃった。



タクヤははっと我に返ったみたいで、



「ありがとう。気持ちよかったよ。」



おっぱいから手とちんぽをはなして、



「パイズリのお礼に、

今度はアイを気持ちよくするから・・・。」



私をベットに押し倒してきた。



あんまり期待してなかった私は、

タクヤの激しい前戯に感じまくっちゃって。



乳首とかおっぱいをねっちょりと舐められるのもよかったんだけど、

クンニが最高によかった!

ケモノっていうか、

動物みたいにぺろぺろっていつまでも舐められるの。



こんなにたっぷりクンニされたことなんて、

今までなかったから嬉しくて、

さっき冷たくしちゃったのを後悔した・・・。



指でクリトリスをさわるのも、

細かく振動させたり、

ゆっくりなでたり、

いろんなやり方でやってくれて、



「どれが一番気持ちがいい?」

ってきいてくれて。



やさしく早い感じでさわられるのが一番気持ちいいっていったら、

イくまでそのやり方でクリトリスをいじってくれた。



おまんこに指を入れられたときには、

もうちんぽを入れてほしくてたまらなくて、



「指じゃなくて、

これちょうだい!」

って先走りでぬるぬるしてるタクヤのちんぽを手でつかんじゃった。



コンドームをつけたタクヤは、

私のおまんこにゆっくりと挿入してきた。



じれったくなるくらいゆっくり、

少しずつ。



「早くぅ・・・もっと奥まで入れてぇ・・・。」



っていったら、



「せっかちだなぁ。じっくり楽しもうよ。」



苦笑しながら、

奥までずんって入れてくれた。



私はタクヤがちんぽを動かすたびに、

あられもないあえぎ声をあげまくって、

セックスが終わる頃には、

ちょっと声がかれちゃってた。



それからも、

タクヤとは月に一回くらい会ってセックスしてるけど、

いつまでたってもパイズリしたがるんだよね。




おわり



このサイトすごいですね!
また、使っちゃおうかな☆




----------------------------------------------------------
特集:「崖の上のポニョ」 宮崎版「

ことができ、CGでは出せない豊かな表情を生み出している。そのキャラクターに命を吹き込む声優陣は、主役のポニョと宗介に子役の奈良柚莉愛さんと土井洋輝さん。宗介の母リサを女優の山口智子さん、父耕一を長嶋一茂さん、ポニョの母で「聖なる海」であるグランマンマーレ(続きを読む)



今まで出会った人の中で根強く印象に残っている人☆教えて

沢山の人と出会ってきました。やっぱ人と出会う事って楽しくて仕方がないですね。そこで、皆さんが今まで出会った人の中で印象に残っている人を教えてくださいな☆ちなみに私は、中三の時に修学旅行で京都・奈良に行っ(続きを読む)



  1. 2008/08/22(金) |
  2. 女性の体験談|
  3. トラックバック:3 |
  4. コメント:0

|      | 次のページ →
close